知っていると絶対に役立つ単語 “grab”

“work” を使わずに家電・機械が「動く・動かない」を英語で
ビジネスパーソン必見!探し物が見つけられない時に役立つ単語
よく耳にする “was going to” ってどんな意味?

スポンサーリンク

“grab” という単語を耳にしたことはありますか?

私が日本で英語を勉強していた時は、実は全くと言っていいほど耳にしたことはありませんでした。

でも、この “grab” という単語は会話の中で本当によく出てくるんです。

「grab = 掴む」という訳しか思い浮かばない人は、今回のコラムも要チェックですよ!

“grab” って本当によく使われるの?

冒頭で「会話の中で本当によく出てくる」と紹介した “grab” ですが、そんなによく使われるのでしょうか?

学校の授業で習った覚えもないし、テキストに出てくるのも見たことがありません。よく使われると言われても実感が湧かないですよね。

私も最初は「掴む」という意味しか知りませんでしたが、ニュージーランドのカフェで働いていた時には毎日毎日耳にしていました。

特に若い人たちがよく使う “grab” ですが、若者に限らず使われています。
では、どんなふうに使うのか見てみましょう!

“grab” の意味と使い方

“grab” のそもそもの意味は「掴む」です。オックスフォード現代英英辞典には、

スポンサーリンク

to take or hold somebody/something with your hand suddenly, firmly or roughly

と書いてあるように、手で何かをガシッと掴むのが “grab” です。

でも、そこから派生して「掴む」だけでなく、”get・take・have” の意味でカジュアルに使われるので、会話で登場する頻度がとっても高いんです。

例えば、こんなふうに使われます。

“take・have”の意味で使われる

● “Grab a seat, I’ll be right over”
“Grab a seat” はカフェなどに入った時にウェイトレスさんによく言われるセリフで「適当に席に座って下さい」といったカンジです。かなりカジュアルなニュアンスになります。

● “Can I grab a cappuccino?”
コーヒーなどをオーダーする時にも “grab” が使えます。”Can I have 〜?” の方が丁寧ですが、カジュアルなお店では “Can I grab 〜?” や “I’ll grab 〜” とオーダーする人も多いです。

● “I’ll grab a beer”
これも「ビールをください」「ビールにします」を表すカジュアルな言い方です。もちろんビール以外にも使えます。

● “Let’s grab lunch”
“grab” は食べ物・飲み物を「食べる・飲む」という意味でも使います。サッと食べる・飲むというニュアンスが含まれます。”grab something to eat” というのもよく耳にします。

Homemade sandwiches for the plane

“get” の意味で使われる

● “Can you grab me a pen?”
「ちょっとペンを取ってもらえる?」などと言いたい時に使えるカジュアルな使い方です。「ビール取って」など、ペンを他の物に置き換えると、いろんな文章が作れてしまいます。

● “Can you go grab Susie?”
“grab” は「人を呼ぶ」場合にも使えます。”go get ◯◯” で「◯◯さんを呼んでくる」という意味になりますが、この “get” も “grab” に置き換えればカジュアルな表現になります。

“grab” はカジュアルな印象

上でいろいろな使い方を紹介しましたが、”grab” を使うと、かなりカジュアルな印象になります。

カジュアルでリラックスした雰囲気のカフェで “Grab a seat” と言われることはあっても、高級レストランでは絶対にありません。

ただ、家族や友達・同僚などのフォーマルではないくだけた会話ではかなり使える表現なので、覚えてぜひ使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS