「かわいそう」って英語で何て言う?

海外のバスでドキドキしないために
“but” の代わりに使いたい “though”
これ一つで解決!曖昧なニュアンスの表現

スポンサーリンク

日本語には英語にしにくい表現がたくさんありますよね。

これまで日刊英語ライフでもいくつかの《英語にしにくい日本語》を紹介してきましたが、今回紹介する「かわいそう」もその1つだと思います。

誰かに不幸や良くないことが起こった時や、不憫・気の毒に思った時に使う言葉が「かわいそう」ですが、そんな感情って英語でどうやって表現したらいいんでしょうか?

今回は「かわいそう」と言うシチュエーションで、ネイティブがよく使うフレーズ・単語を紹介したいと思います。

一般的によく使う「かわいそうに・・・」

ついつい「かわいそう」と言ってしまうようなシチュエーションで、私が真っ先に思い浮かべる「かわいそう」の表現は “sorry” を使ったフレーズです。

以前に“I’m sorry.” だけから脱却しよう!というコラムでも少し触れましたが、学校でも “I’m sorry to hear that(それはお気の毒に)” という表現を習いましたよね。

“I’m sorry” には「ごめんなさい」以外にも「気の毒に思う」という意味がありましたが、”feel sorry for ◯◯” で「◯◯がかわいそう」を表すこともできるんです。

例えば、友達から「昨日Johnの家に空き巣が入ったらしいよ」と聞いたら “Oh, I feel sorry for him” のように使うと「かわいそう」というニュアンスが表現できます。

ただ、シチュエーションや言い方にもよりますが “I feel sorry for you” と本人を直接目の前にして言うと、ちょっと偉そうな感じで取られてしまうこともあるので、そんな場合には “I’m sorry (to hear about …)” と言うことのほうが多いように感じます。

スポンサーリンク

“poor” でも表せる

“poor” というと「貧乏な」という意味を思い浮かべますよね。でも「かわいそう」という場面でも “poor” が使われることがあるんです。

この “poor” はオックスフォード新英英辞典では、

(of a person) deserving of pity or sympathy

と定義されています。例えば、上に出てきた例で言うと「昨日Johnの家に空き巣が入ったらしいよ」と友達に聞いたら “Oh, poor John” といったカンジです。

私が先日、身の回りに起きたちょっと悲しいニュースを友達に話したところ “Oh, poor you” と悲しそうな顔で肩をさすってくれました。

他にも “You poor thing” という表現もありますが、こういった “poor” は、必ず名詞の前で使われるので、”John is poor” や “You are poor” とは言いません。

“My poor little boy was so sick yesterday” といった感じで、必ず後ろには名詞が来ます。

Sleeping Julie

「残念だね」でも表せる

「かわいそうだね」というシチュエーションで “That’s too bad” を使うこともよくあります。

“too bad” は「残念」と訳されることが多いですが、Cambridge Dictionaries Onlineによると、

If you say something is too bad, you can mean either that you feel sympathy about a problem

という “sympathy” も表すことができるので、ちょっとした「かわいそう」にも使えます。

例えば、友達が「ひどい二日酔いで何も食べれない」ような場合には “I’m sorry to hear that” ではちょっと深刻すぎる感じもしますが “That’s too bad” なら、ちょっとした「気の毒に思っている感じ」が表せます。

辞書に載っている「かわいそう」の表現

和英辞書で「かわいそう」を引くと、他にも “pitiable”、”pitiful”、”piteous” などが出てきますが、私はこれらの単語が日常会話で使われているのを聞いたことがありません。

また、”pathetic” という単語も出てきますが、これはしんみりする「かわいそう」よりも、皮肉的に「惨めだね・哀れだね・情けない」といったネガティブな意味を込めて “You’re pathetic!” のように使われることが多いです。

「かわいそう」に限らず、和英辞書は頼りになる時もありますが、実際にはあまり使われていない微妙な表現も多いので、少し注意が必要です。

さらに、シチュエーションやニュアンスによって使う単語・表現は変わるので、単語の日本語訳を丸暗記するのではなく、文脈で理解することも大切ですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS