英語で「自殺する」を表す3つのフレーズ

“work” を使わずに機械・家電が「動く・動かない」を英語で
「ずっと〜しようと思ってた」を英語で言うと?
「〜した方がいい」以外の “should” の意味とは?

スポンサーリンク

ちょっとドキッとするようなテーマですみません…。
先日、英語のニュースで「自殺する」という表現を目にしたので、今回はその言い回しを紹介したいと思います。

私は学生の時に「自殺する」を表すイディオムを2つ習ったのですが、ニュースで使われていたのは別のもっとシンプルな表現でした。

あなたはどんな表現を思い浮かべますか?

場合によってはちょっとデリケートな表現なので、知っておいて損はない言い回しを紹介します。

「自殺する」を意味するイディオム

「自殺する、を英語にすると?」と言われたら、どんな表現を思い浮かべますか?

私が真っ先に思い浮かべたのはこんなイディオムでした↓

  1. kill oneself
  2. commit suicide

この2つは、サッと思いついた人も多いのではないでしょうか。

1のほうが口語的で、2は少しかたい表現です。
“commit” は「(罪など)を犯す」で、”suicide” は「自殺」という名詞ですね。

スポンサーリンク

例えば、上の2つのイディオムを使って「ジョンは昨日自殺しました」を表すと、

  1. John killed himself yesterday.
  2. John committed suicide yesterday.

となります。(※自殺は犯罪ではないという理由で “commit” という単語を避ける人もいて、”die by suicide” という言い方もあります)

「自殺する」のもっとシンプルな英語表現

そして、私がニュースで目にした、もう一つの「自殺する」を表すフレーズとは、これでした↓

A few days ago, a very, very close friend of mine decided to take his own life.

親しい友人を自殺で亡くした人が語った内容からの引用ですが、ここでは「自殺する」を “take one’s own life” で表しています。

文字通り「自身の命を “take” する」ということですね。

“kill oneself” や “commit suicide” は、”kill”・”suicide” と直球な表現が含まれていますが、”take one’s own life” はそうではなく、ちょっとオブラートに包んだ感じです。

誰かが「亡くなる」と言うときに、敢えて “die” を使わずに “pass away” で表すことがあるように、やはり「自殺する」にも婉曲的な表現があるんですね。

この “take one’s own life” は、口語やニュースでもとてもよく耳にします。

finding balance

スポンサーリンク

“take one’s life” の意味

実は、”take one’s own life” は “own” が無くても、”take one’s life” だけで「自殺する」を表すこともできます。例えば、

  • John took his life.
    ジョンは自殺した

となります。でも、これは “one’s” の部分が主語と同じ場合に限ります。

この部分が主語と同じではない “take somebody’s life” というパターンもあって、この場合は「自殺した」ではなく「〜を殺した」という意味になります。

  • John took his wife’s life.
    ジョンは奥さんを殺した

どちらにしても、誰の命を “take” するのかを考えればいいので、丸暗記する必要はありませんね。

シンプルな表現こそ大切

「自殺する」を表す “kill oneself” や “commit suicide” はわりと知られていると思います。

でも、私は初めて “take one’s (own) life” という表現を知った時に、かなりの衝撃を受けました。こんなにシンプルな表現だけど、自分ではなかなか思い付かないなぁと思ったんです。

以前にも何度か紹介しましたが、日常会話では基本の動詞・単語を使ったシンプルな表現こそが、とっても大切です。
基本の単語を上手に使いこなせるようになると、英語での会話が圧倒的にラクになりますよ。

■悲しい知らせを聞いたときの気持ちを英語で表現するには?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS