「実は…」って英語で何て言う?

「体が心地いい」だけじゃない!”comfortable”、ネイティブはこう使う
こんな時 “he/she” は使わない?
“done” を上手に使っていますか?

スポンサーリンク

会話の中で「実は…」と言うことってありますよね。

例えば「実は昨日徹夜して寝てないんだ」「実は転勤の話があって…」「彼、しっかりして見えるけど実は年下なんだよね」など、何かを打ち明ける時や、見た目と違って本当は◯◯なんだと言う時にも使われます。

そんな「実は」って英語では何て言えばいいのでしょうか?

いろいろある「実は」の表現

「実は」を表す表現は、実はたくさんあるんです。

「本当のことを言うと」といったニュアンスで使われるものとしては “To tell (you) the truth” を使って、”To tell (you) the truth, I don’t like my job” のように言うことができます。

また “the truth is” もよく使われるフレーズです。

“The truth is my boyfriend was cheating on me(実は彼氏が浮気していた)” のように「実は、実際のところは」と言う時などに使われます。

自分の意見を正直に言う場合の「実はね、正直に言うと」には、学校で習った “To be honest” も使えますよね。

新しくオープンしたレストランに行った翌日、友達に「あのレストラン、どうだった?」と聞かれて「いや、正直なところ美味しくなかったよ」と言う時には “To be honest, the food was terrible” なんていうふうに表現できます。

スポンサーリンク

でも、実はもっともっと簡単に「実は…」を表せる表現があるんです。

多くの人が知っている「実は」を表す単語

「実は」は、皆さんが知っている単語1つでも表せるんです。
何だと思いますか?

それは “actually” です。

“actually” が口ぐせになっているネイティブもいるぐらい、ちょっとした「実は」にも気軽に使えるので、会話には本当に頻繁に登場します。

例えば、こんな感じです。

  • Let’s get a drink after work.(仕事終わり、一杯行こうよ)
    -Actually, it’s my daughter’s birthday today.(実は、今日は娘の誕生日なんだ)
  • He works at a bar, but actually he doesn’t drink.
    彼はバーで働いてるけど、実はお酒は飲まないんだ
  • Would you like some bacon pizza?(ベーコンのピザ食べる?)
    -Actually, I’m vegetarian.(実は私、ベジタリアンなんです)

というふうに、日本語で「実は」と言うような場面でそのまま使えるので、とっても便利な単語なんです。

eat

“actually” はこんなふうにも使える

相手の言ったことに対して「それが違うんですよ」と言いたい時にも “actually” は登場して、この場合は「意外かもしれませんが」といったニュアンスで使われます。

例えば、高価そうに見えるバッグを持っていたら “It must have been expensive” と言われたりします。でも、実はそうでもなかった場合には “Actually, it wasn’t” と返すことができるんです。

また、最近起業した友達に “It must be tough to start up a business” と言うと “Actually, it’s exciting!” という答えが返ってくるかもしれません。

こんなふうに、相手の意見をさらりと感じよく否定する場合にも役立ちます。

“actually” には「やっぱり」という意味も

“actually” は「実は」という意味以外でも頻繁に使われるので、さらっと紹介しましょう。

その使い方とは「やっぱり」と言いたい時です。

例えば、レストランで注文する時にはこんなふうに使います。

“Could I have a glass of Pinot Noir? …Actually, I’ll have Chardonnay(グラスでピノ・ノワールください。あ、やっぱりシャルドネにします)”

と、先に言ったことを訂正して言い換える場合にも使えるんです。
この使い方は以前にも紹介したので、こちらも参考にしてみてください↓

“Can I have a chocolate muffin? …Actually, can you make it two?” と言えば「マフィン1個下さい。あ、やっぱり2つにして下さい」という意味になります。

この、会話でよく出てくる “make” の使い方については、こちらをご覧ください↓

気軽に使ってみましょう

たまに会話の中で、返事をちょっと考えてから “Actually,” で話し出すネイティブの人もいたりします。文法的には変なのかもしれませんが、そう言われると「この人はこの後に何を話すんだろう」と気になります。

難しいことを考えずに、「実は」と言う場面で気軽に使えるのが “actually” のいいところなので、会話の中でどんどん使ってみて下さい。

初めは使い方がよく分からなくても、人が使っているのを聞いたりしているうちに、だんだん分かってくると思いますよ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS