「やっぱり」って英語で何て言う?

会話の途中で言葉に詰まった時に役立つフレーズ
「幸せな」だけじゃない英語の “happy”
イマイチ分かりにくい “due” って何?

スポンサーリンク

先日、自分で話している時に気が付いたのですが「やっぱり」という言葉って、日本語でとってもよく使いませんか?

何かが思っていた通りだったという時には「やっぱりね」と言い、何かが起こったあとで後悔する時にも「やっぱり◯◯すればよかった」と言ったりします。

また、カフェなどで注文を決する時にも「コーラ…あ、やっぱりオレンジジュース」と、ここでも「やっぱり」が登場します。

英語でもこんな「やっぱり」を表すことができたら便利だと思いませんか?

「やっぱり」をピッタリ表せる英語はある?

英語の表現を考える時にいつも思うのは「日本語は便利だな」ということです。
一つの言葉を違う意味を持たせていろんな場面で使うことができますよね。

今回取り上げる「やっぱり」もその一つで、冒頭で挙げただけでも3つの使い方があります。

でも、英語には当然「やっぱり」に置き換えられる1つの単語というのは存在しないので、場面に応じて表現を変えないといけません。

そのためには伝えたい意味を掘り下げる必要があるので、英語の勉強って実は日本語の勉強にもなるなぁ…と思ったりします。

では、前置きが長くなってしまいましたが「やっぱり」の英語表現を見てみましょう!

スポンサーリンク

思っていた通りだった「やっぱり」

まずは、思っていた通りだったという意味の「やっぱり」という表現。

例えば同僚のA君とBさんが仲が良さそうなので「あの2人は付き合ってるんじゃないか」と薄々思っていたところに、同僚のCさんから「あの2人付き合ってるらしいよ」と知らされた場合。

「やっぱり!」と言うのにふさわしいシチュエーションですよね。

こんな場合によく使われる英語の定番フレーズは “I knew it!” です。ちょっと興奮気味に “knew” を強く言うのがポイント。

また、何か出来事が起こった場合などの「やっぱりそうなると思った」には “I knew this was going to happen” なんかもよく使われます。

■”was going to” についてはこちらもご覧ください↓

いずれにしても “I knew(私は知っていた)” で「やっぱり!」というニュアンスを表すことが多いです。

「やっぱり◯◯にすればよかった…」

例えば、雨が降りそうな中、近所のコンビニに行こうとして「すぐ帰ってくるし、大丈夫でしょ」と傘を持たずに出たところ、途中で大雨が降ってきたような場面。

「あーあ、やっぱり傘持ってくればよかったなぁ」とつぶやきたくなりますよね。

そんな「やっぱり◯◯すればよかった」という場合に使われる定番の言い回しは、”should have” です。

この「やっぱり傘を持ってくればよかった…」は “I should’ve brought an umbrella” となります。

“sould” と “have” を別々にはっきり発音するのではなく、シュッダヴのように短く言うのがポイントです。

This umbrella never works right

「やっぱり◯◯にします」

今回最後に紹介する「やっぱり」は、何かに決めたけど気が変わって「やっぱり◯◯にします」という時の使い方です。

例えば、カフェで注文を聞かれて「コーラ1つ。あ、やっぱりオレンジジュース」と言うようなシチュエーション。この「やっぱり」は、あなたならどうやって表しますか?

この「やっぱり」の意味は、気が変わった・心変わりしたので前に言った事を撤回して言い直したいということですよね。

そうしたらそのままを英語にして、”I’ll have a coke. Oh, I’ve changed my mind. I’ll have an orange juice instead” と言えばそのままのニュアンスが伝えられます。

もしくは “I’ll have a coke. Actually, I’ll have an orange juice instead” と言うこともできます。この “actually” の使い方はこちらのコラムで紹介しました↓

自分の言葉で表してみよう

今回紹介したフレーズは、どれも知っていると役に立つものばかりだと思います。

でも、それを知らなかったり忘れてしまったとしても、伝えたい内容を自分の言葉で表すのも大切だったりします。

実際に私も「これって英語でどう言ったらいいんだろう…」と手探りなまま話し始めると、相手が「こういうこと?」と的確な表現で聞いてくれるので「そう!」と言いながら、相手が言った表現を忘れないように覚えたりしています。

間違えたら恥ずかしいという気持ちも分かりますが、意外と相手は気にしていないものです。

ぜひ自分が持っているボキャブラリーで伝える練習をしてみてください。そして使えるフレーズを増やすためにも、学んだ表現はどんどん使っていきましょう!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS