Home英語コラム

「半旗」って英語で何て言う?

“favourite” の意味は「お気に入りの」ではない
「黙祷」は英語で何て言う?
クリスマスに飾る「ストッキング」って何?

スポンサーリンク

先日、エリザベス女王の夫であるフィリップ殿下が亡くなられました。

ロンドンのバッキンガム宮殿では半旗が掲げられ、イギリス連邦の一員であるニュージーランドでも半旗が掲げられました。

そんな、誰かが亡くなったときなどに弔意を表す「半旗」「半旗を掲げる」って英語で何て言うのでしょうか?

「半旗」は英語で “half-mast”

「半旗」を英語で言おうとすると、”half flag” みたいに直訳してしまいそうですが、正しくは、

half-mast(half mast)

と言います。

この “mast” とは、船の「マスト」の意味もありますが「旗を掲げるポール」という意味もあるんです。ポールの半分ぐらいの位置に旗を掲げるので、”half-mast” なんですね。そして、

at half-mast

で「(旗が)半旗の位置で」を表します。

「半旗を掲げる」を英語で言うと?

では「半旗を掲げる」「半旗にする」「半旗になっている」は英語でどう言うのでしょうか?

これは “half-mast (half mast)” を使って、こんなふうによく表されます↓

スポンサーリンク

  • 半旗を掲げる、半旗にする
    Fly a flag at half-mast.
  • 旗が半旗になっている
    A flag is flying at half-mast.
    A flag is flown at half-mast.
    A flag is at half-mast.
    A flag is lowered to half-mast.

例えば、フィリップ殿下の死去を受けて半旗が掲げられる(た)ことを伝えるニュースには、こんな表現が出てきています↓

  • Flags are flying at half-mast at Wellington’s Government House and the Beehive in honour of the late Prince Philip. −Stuff
  • The New Zealand flag at the Beehive in Wellington is flying at half-mast in respect to Prince Philip. −Stuff
  • The flag at Buckingham Palace was lowered to half-mast −BBC
  • All UK government buildings have been told to fly official flags at half-mast in tribute to the duke −BBC
  • Flags will be flown at half mast in New Zealand in recognition and acknowledgement of the passing of the Duke. −TVNZ

下の写真は、ニュージーランドの国会議事堂の隣にある、首相や閣僚の執務室などが入っている建物、通称「ビーハイブ(Beehive:蜂の巣)」です。この屋上にある国旗も、フィリップ殿下の死を受けて半旗に↓

(写真を貸してくれた@hassy_in_nzさん、ありがとう!)

また、半旗から元に戻る(通常の一番上の位置に戻る)のは、”return to full-mast” や “back to full-mast” なんかで表せます。

  • Flags will return to full-mast on Monday.
  • Flags will be returned to full-mast on Monday.
    (半旗の)旗は月曜日に元の位置に戻る(戻される)

“gun salute” とは?

フィリップ殿下が亡くなり、半旗が掲げられるとともに、”41-gun salute” というものも行われました。

私は英語のニュースを読むようになってから、この “gun salute” という単語を知ったのですが、どんな意味だと思いますか?

この “gun” とは「大砲」のことで、”salute” には「敬礼(する)」という意味がありますが、”gun salute” で「礼砲」を表します。
空包を発射して敬意を表す儀式のことで、21発を放つのが標準なので、英語のニュースにも “21-gun salute” という表現でちょいちょい登場します。

日本では2019年に行われた天皇の即位の礼で自衛隊によって21発の礼砲が実施されたようですが、今回英国軍によって行われたフィリップ殿下の追悼のための礼砲は41発だったので “41-gun salute” です。

イギリスの王立公園で発射される特別な場合は20発加わり41発になるそうで、イギリス国内だけでなくニュージーランド・オーストラリアの首都でも “41-gun salute” が行われました。

スポンサーリンク

■「黙祷」の英語表現はこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS