Home英語コラム

「むせる」って英語で何て言う?

“something to drink” と “a drink” の違いは何?
「置き忘れる」を英語で言うと?”forget” と “leave” の違い
「もう生まれた?」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

何かを食べたり、飲んだりしていて「むせる」ことってありませんか?

食べ物以外でも、自分の唾でむせたりすることもあります。

今回はそんな、英語で言えそうで言えない「むせる」を英語で何と言うのか、私がネイティブから耳にする表現を2つ紹介します!

「むせる」を英語で言うと?

「むせる」と言うときによく使われる単語があります。それは、

choke

です。これは「窒息させる」を表す単語で、一見すると「むせる」とちょっと違う感じもしますが「息ができないようにさせる」というのが元々の意味です。そして、

choke on 〜

で「(人が)〜を喉に詰まらせる、〜で息が詰まる」という意味になるので、これが「〜でむせる」を表すときにとてもよく使われます。例えば、

  • I choked on my coffee.
    コーヒーでむせた
  • I laughed so hard I choked on my spit.
    笑いすぎて自分のツバでむせた

みたいな感じですね。
「むせる」だけでなく「〜を喉に詰まらせた」と言う場合も同じように “choke on 〜” を使って、

  • He choked on a mochi.
    彼は餅を喉に詰まらせた
  • Young children can choke on food quite easily.
    小さい子どもは食べ物で簡単に喉をつまらせることがある

スポンサーリンク

のように言うので、”choke on 〜” は必ずしも「むせる」とは限らないですが、イメージとしては「何かが喉に詰まって息ができなくなる」と言うときに広く使えますよ。

Cough!

“go down the wrong pipe” もよく使う

そして、もう一つ「むせる」を表すときにネイティブがよく使うフレーズがあります。それは、

go down the wrong pipe

というちょっと長めのフレーズです。

“pipe” とは「管」という意味ですよね。この “the wrong pipe” は「違う管」つまり、これは「気管」を指します。

本来なら食べ物・飲み物は「食道」に入っていかないといけないのに「気管」に “go down” してしまう、という意味のフレーズです。
日本語でもむせたときに「気管に入った、変なところに入った」などと言いますよね。それと同じです。

  • (cough cough) It went down the wrong pipe.
    (ゴホゴホ)むせちゃった(気管に入っちゃった)
  • Are you OK? −I’m fine. (It) just went down the wrong pipe.
    「大丈夫?」「平気だよ。むせただけ」

“pipe” を “way” や “tube” に置き換えて、

スポンサーリンク

go down the wrong way
go down the wrong tube

と言うこともありますが、意味は全く同じですよ。今度むせたときにぜひ思い出して使ってみてください!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS