“wear two hats”、”wear many hats” ってどんな意味?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

“wear two hats” という英語表現をご存じでしょうか。

私は初めてこの表現に出会った時は意味が分からなかったのですが、意外とちょくちょく出てくる表現です。

そこで今回は「帽子」ではない “hat” の意味を紹介したいと思います。

この記事の目次

“wear two hats” の意味とは?

“wear two hats” を直訳すると「2つの帽子をかぶっている」ですよね。

帽子を重ね着する人はなかなかいないと思うのですが、こんなイメージでしょうか?

左の人は帽子とヘルメット(hard hat)を重ねてかぶっていますよね。まさに “wear two hats” です。

でも実際の “wear two hats” とは上のようなことを表しているのではなくて、あることを例えた「比喩表現」なんです。

それは「二足の草鞋(わらじ)を履いている」です。

“hat” の「帽子」以外の意味

“wear two hats” がなぜ「二足の草鞋を履く」になるのかというと、そこには “hat” の「帽子」ではない意味が関係してきます。それは、

used to refer to one of the various jobs or responsibilities that someone has

Cambridge Dictionaryより

で、誰かが持っている「様々な仕事・職務・役目・役割」みたいなものを表します。

例えば、ずいぶん前になりますが、前ニュージーランド首相のジャシンダ・アーダーンさんが任期中に妊娠を発表した時のSNSの投稿に、この表現が出てきていました↓

we’ll be joining the many parents out there who wear two hats. I’ll be Prime Minister AND a mum, 〜

という部分がありますね。「世の中の二足の草鞋を履いているたくさんの親たちに加わることになる」ということです。その後に具体的に書かれていますが「首相(当時)」と「母親」が “two hats” の内容ですね。

実際に頭に帽子を乗せているわけではありませんが、2つの帽子をかぶっているビジュアルを思い浮かべると、理解しやすく忘れにくいような気がします。

ただ、厳密に言うと「wear two hats」は「二足の草鞋を履く」とは少しだけ違いもあるように思います。

日本語の「二足の草鞋を履く」は本来、二足の草鞋を同時に履くことはできないことから「同じ人が本来は両立し得ないような二つの職業を持つこと」を意味するそうですが、英語の “wear two hats” はそれに限らず、単に「一人で二つの仕事・役割を担っている、兼務している」を表します。

そんな使い方を次に見てみましょう。

“wear many hats”、”wear 〜’s hat” の意味とは?

「仕事・役割・役目」を意味する “hat” は “wear two hats” に限らず、こんなふうに使われることもあります。

「たくさんの仕事・役割を持っている」は “wear many hats” と表せるんですね。イメージはこんな感じでしょうか↓

dad's hats

上の例文では医者・ミュージシャン・作家の「三足の草鞋」が “many hats” の内容です。こんな場合、日本語では「3つの顔を持つ」「三役をこなす」と言うこともあるように思います。

また、”many” 以外にも “wear multiple hats” や “wear several hats” みたいに言うこともありますよ。

さらに、この意味の “hat” は「職業(役職)’s hat」みたいな使い方もします。

  • I’m a manager now but I still need my salesman’s hat occasionally.
    今では管理職ですが,営業の仕事をしなければならないことも時にあります
ロングマン現代英英辞典より

日本語は「草鞋」で表すところを英語では「帽子」で表すのが個人的には面白いなと思います。「帽子」と訳したら変な意味になってしまう “hat” に遭遇したら、この使い方を思い出してくださいね。

■”wear” と “be wearing” の違いはこちらで紹介しています↓

■「帽子」を表す “hat” と “cap” の違いはこちら↓

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次