ニュージーランドのカフェでコーヒーを注文してみよう!2

“come” を使わずに「来る」を英語で
英語にも「そもそも」という表現はある?
“take” と “bring”、ちゃんと使い分けられてますか?

スポンサーリンク

前回から引き続きお届けする、ニュージーランドのカフェで困らないための【コーヒーの注文方法完全マニュアル】の後編です。前編を見逃した方はコチラでどうぞ↓

前回はコーヒーの濃さの注文方法までお話ししたので、今回はその先の「もっと自分好みのコーヒーにしてもらう方法」などを紹介します。

ノンカフェインコーヒー “decaf coffee”

コーヒーの濃さのところで書き忘れましたが、実は「カフェインなしのコーヒー」というものもあります。

これは “decaf (decaffeinated:カフェイン抜きの)” と呼ばれるもので、カフェインを摂りたくない人や妊婦さんがよく頼んだりしています。

ただし、店によっては置いていなかったりするので “Do you have decaf coffee?” と聞いてみましょう。発音は[/ˈdiː.kæf/]で、ディーキャフに近いです。

decafのコーヒーで作ったフラットホワイトなら “decaf flat white” となります。

牛乳をカスタマイズしてみよう

さて、前回はコーヒーの濃さを決めたところまでお話ししましたね。
次は牛乳も好きなものを注文してみましょう!

牛乳を使ったコーヒー(flat white, cappuccino, latteなど)の場合は、何も言わなければ普通の牛乳で作ってくれます。

オプションで “soy milk=豆乳” や “trim milk=低脂肪乳” がたいていのカフェで選べます。このへんは日本のスターバックスとかと同じですね。
豆乳は追加料金になることが多いですが、低脂肪乳は追加料金は取られません。

スポンサーリンク

ニュージーランドでは低脂肪乳は “trim milk” と呼ばれることが多いので、低脂肪乳のラテを注文するときは “trim latte” となりますが、”skinny latte” という言い方もできます。

ブラックコーヒーを注文してみよう

牛乳を使わないブラックコーヒーの “long black(ロングブラック)” は結構濃いので、薄めて飲みたい人もいると思います。

そういう時には、”Can I have a jug of hot water with my coffee?” と言えば、コーヒーと一緒にお湯を持ってきてもらえるので、自分で濃さを調節することができます。

ちなみに “jug” とは下の写真のようなものです↓ブラックコーヒーに入れるミルクが少しだけ欲しい時にも “Can I have a jug of milk on the side?” と言えば、”jug” 入りの牛乳を持ってきてもらえますよ。

Milk

カプチーノを注文してみよう

ニュージーランドでは、カプチーノを注文すると “Would you like chocolate or cinnamon?” と聞かれることがあります。

これはコーヒーの上に振りかける粉を「チョコレートパウダーかシナモンパウダー、どちらが良いですか?」と聞かれているので、チョコレートが良ければ “Chocolate please”、シナモンは “Cinnamon please” と言えばOKです。

何も振りかけないで欲しいなら “Nothing on top, please” です。

もし、何も聞かれなかった場合は、チョコレートパウダーがかけられることが多いです。

「店内で?それとも持ち帰り?」を英語で

「こちらでお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?」を表すフレーズは以前に紹介しましたが、これはカフェに限らずファストフード店でも必ず聞かれるので覚えておくと便利です。

どんなフレーズだったか覚えていますか? “(To) have here or take away?” でしたね。”For here or to take away?” と聞かれることもあります。
(アメリカ英語での表現など、詳しいことは以下のコラムで↓)

日本で言う「テイクアウト」はニュージーランドでは “(to) take away” が一般的です(”to go” と言う人もいます)。

持ち帰りなのに伝え忘れると店内用のカップで作られてしまうことがあるので、最初から「持ち帰り用のカプチーノを下さい」と言えば間違いないですね。
その場合は “Can I have a cappuccino to take away?” や、形容詞の “takeaway” を使って “Can I have a takeaway cappuccino, please?” と言えばオッケーです。

お会計をして終了!お礼を忘れずに

コーヒー1杯は大抵4ドル前後です。もし$4.20だと “four twenty” か “four dollars and twenty (cents)” と言われるので、支払いを済ませて終了です!

持ち帰りなら、コーヒーを受け取ったら “Thank you” に加えて “Have a good day!” など一言添えるといいカンジですね。私も前の職場でお客さんに “Have a good day!” と言われると忙しくてもふわっと嬉しい気持ちになりました。

店内で飲み終わって帰るときも、黙って店を出るよりも “Thank you. Beautiful coffee” などと、ひとこと店員さんに声をかけてあげるだけで、向こうもhappyな気分になると思います!

前編の「ニュージーランドのカフェでコーヒーを注文してみよう!」は、こちらからご覧いただけますので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS