「またね」「じゃあね」「さようなら」って英語で何て言う?

「その時、それから」だけじゃない!”then” の使い方
「そのシャツ、痩せて見えるね」って英語でなんて言う?
ロングマン英英辞典で1日2つ英単語を覚えよう!

スポンサーリンク

誰かと会って別れる時、日本語では「じゃあね」「またね」「さよなら」などと言いますよね。

では、こんなシチュエーションで英語ではどんなフレーズが使われているのでしょうか?

今回は、私がよく耳にするフレーズを中心に、別れの挨拶をいくつかまとめてみました。

個人の好みや地域性もあるので、これから紹介することだけが正解というものではありませんが、参考になればと思います!

“bye” を使った挨拶

“bye” を使った表現には “Bye”、”Goodbye”、”Bye-bye” などがありますよね。あなたはどんなふうに使い分けていますか?

■Bye

私が日常生活で一番よく耳にする別れの挨拶が、この “Bye” です。

“Bye” は友達にもビジネスの相手にも、店員さんにでもお客さんにでもどんな人にでも使えるので、とっても便利な表現です。

あとで紹介する “See you” を使ったフレーズを言った後に “Bye!” で締めくくることも多いのが、出番が多い理由の一つかもしれません。

スポンサーリンク

■Goodbye

学校では別れの挨拶として “Goodbye” を習いましたよね。
でも実は、普段の会話ではほとんど耳にしません。

それはなぜかと言うと、”Goodbye” はとってもフォーマルな「さようなら」的な感じなので、かしこまった表現だからです。
個人的な印象では、年配の方が親しい人ではない人に使っている風景が目に浮かびます。

また、”Goodbye” はもう会わない誰かとのお別れの時に使われることが多いです。

■Bye-bye、Bye now

“Bye-bye” は子どもっぽい表現とよく言われますよね。
確かに子どもに対して使うことはあっても、大人が大人に「バイバイ」と言っているのは見かけたことがないように思います。

ただ「バイバイ」ではなく「ババイ」みたいな発音でなら使う人もいて、特に女性が使っている印象です。

また、この「ババイ」は電話を切る前に使われることもあって、同じく、電話では “Bye now” も私はよく耳にします。

Bye detail

“See you” を使った挨拶

“See you!” というのは、わりと知られている挨拶かもしれませんね。

スポンサーリンク

“See you” だけではなく、後ろに “later / soon / tomorrow” など、いろんなものがくっついてバリエーションがたくさんあるのが “See you” を使った挨拶の特徴です。

そんな “See you” を使った表現の中から、私がよく耳にするものをまとめてみました。

■See ya!、See you

“See ya!” はニュージーランドではとてもよく耳にします。

“See ya” は言うまでもなく “See you” のくだけた表現です。
友達同士だけでなく店員さんからもフレンドリーに “Thank you. See ya!” とよく言われますが、とてもカジュアルな表現なのでビジネスでは控えた方がいいかもしれません。

“See you” とは “I’ll see you” の略なので基本は「またね」というニュアンスですが、店員さんも含め、もう会わないかもしれない人に使うことも多いです。

■See you later

“See you later” もカジュアルな「またね」の表現で、知り合いに対してよく使われるフレーズです。

“See you later” は直訳すると「また後でね」ですよね。
でも、”later” はその日の「後で」の可能性もあるし、明日の可能性、あるいは明後日や一週間後の可能性もあります。

特にいつとは決まっていない、曖昧な感じで使われることも多いフレーズなので、”See you later!” と言われたからといって「後で会う予定はないけどなぁ…」と悩まないでくださいね。

スポンサーリンク

“See you soon” なんかも同じですが、もう会わない人に対しては通常は使いません。

Hug time :)

■See you+日付・曜日・時間など

次にいつ会うのかが決まっている場合には「じゃ、また(いついつ)会おうね」を表すフレーズがよく使われます。例えば、

  • See you tomorrow!
    じゃあまた明日ね
  • See you in the morning!
    じゃあまた明日の朝ね
  • See you next week!
    じゃあまた来週ね
  • See you (on) Monday!
    じゃあまた月曜日にね
  • See you next Saturday!
    じゃあまた来週の土曜日に
  • See you in two weeks!
    じゃあまた2週間後に

みたいに、いろいろと応用できます。
さらに、会う約束をしたすぐ後で「じゃまたね」と言う場合には、

  • See you then!
    じゃあ、その時に
  • See you at three.
    じゃあ3時に
  • See you at the party.
    じゃあパーティーで

みたいに使ったり、会う約束をしていなくても、

  • See you sometime next week!
    じゃあまた来週のどこかで

みたいにも使えるので、”See you 〜” はとても使う機会が多いです。

また、繰り返しになりますが、これらは全て “I’ll” が省略されているので、”I’ll see you tomorrow” のようにきちんと言ってももちろんOKです。

その他の「またね」「じゃあね」

イギリス英語の影響が強いニュージーランドでよく耳にするものと言えば、”Cheers” です。
カジュアルな表現ですが、友達同士やメールの最後のカジュアルな締めとしてもよく使われています。

スポンサーリンク

■意味や使い方など、詳しくはこちらで↓

そして、年配の方は “Cheerio!” も使う人がいて、これも「じゃあね」という意味です。若い人はほとんど使わないと思います。

他には、イギリス英語関係なしで言えば、カジュアルなものだと、

  • Catch you later.
  • Talk to you later.

なんかもありますが、私自身は日常生活でそれほど耳にしません。

別れの挨拶は組み合わせて使うことも

今回紹介したいろんな別れの挨拶は、1つだけで使うこともあれば、2つを組み合わせたり、他の別れの挨拶と一緒に使うことも多いです。例えば、

みたいな感じですね。このあたりのことは、以前に少し紹介したことがあるので、興味のある方はぜひこちらのコラムもご覧ください↓

■話を切り上げる時によく使われるフレーズと、別れの挨拶の前に添えたい一言などはこちらで紹介しています↓




こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS