Home英語コラム

sometime、some time、sometimes の違いは?

「働く」だけじゃない “work” の意味とは?
英語の「カーブ」はちょっとややこしい
「坂」「坂道」を英語で言えますか?

スポンサーリンク

スペリングが似ていて「あれ、どうだっけ?」と悩む単語ってありますよね。

  • sometime
  • some time
  • sometimes

もその1つかもしれません。これらを迷わず使い分けられますか?

今回はこの3つの意味と使い方の違いをおさらいしてみましょう!

sometime、some time、sometimes の違い

さらっと意味の違いを見てみると、

  • sometime:いつか
  • some time:いくらかの時間、期間
  • sometimes:時々

と違いますが、書くときにはネイティブでも間違える人がいます。

会話の中では多少使い方を間違えても、相手は汲み取ってくれると思いますが、意味と使い方の違いを整理してみましょう!

“sometime” の意味と使い方

前回のコラムで紹介したように、ワンワードの “sometime” は「いつか」という意味で使われます。

ニュアンスとしては、漠然とした遠い未来の「いつか」ではなく、具体的な日付は決まっていなかったり分からないときの「いつか」を表します。

“sometime next week/month/year” や “sometime soon/around/in/during ○○” みたいな、”sometime ○○(○○のいつか、○○のどこかで)” という使い方をすることが多いですよ。

スポンサーリンク

  • Maybe we could grab a coffee sometime next week.
    来週のどこかでお茶でもどうかな
  • His birthday is sometime in December.
    彼の誕生日は12月のいつかです

また、過去の具体的な日にちを覚えていない「いつか」「ある時」にも “sometime” は使えます。

  • I bought it sometime last year, but I can’t remember when.
    それは去年のいつだったかに買いましたが、いつか覚えていません

“sometime” は “some time” と書かれることもあって、これも間違いではありませんが、基本はワンワードの “sometime” で覚えておきましょう。

“some time” の意味と使い方

次は “some time” を見てみましょう。

“some” と “time” に分かれている “some time” はそのままの意味です。”some” が “time” を修飾しているだけで「いくらかの時間、期間、しばらくの間」といった時間のスパンを表すときに使われます。

“some” は訳されないことも多いので難しく感じるかもしれませんが、何分・何時間といった数字で表せるものではなく、単に「a period of time=ある期間」を表しています。

  • It took me some time to get used to it.
    それに慣れるのに時間がかかりました
  • I need some time to myself.
    1人の時間が必要です

“for (quite) some time” は特に「しばらくの間、長い期間」という意味でよく使われるフレーズです。

  • I’ve been thinking about this for some time.
    これはしばらく前から考えていました
  • I’ve known her for quite some time.
    結構前から彼女のことを知っています

“sometimes” の意味と使い方

この3つの中で一番親しみがあるのが “sometimes” だと思います。これもワンワードです。

学校でも習ったとおり「時々」「たまに」という意味の副詞ですね。

  • I sometimes work from home.
    時々在宅勤務をしています
  • We mostly eat at home, but sometimes we eat out.
    たいてい家でご飯を食べますが、時々外食します

たまに “s” を忘れて “sometime” と言っている人を見かけるので、sを忘れないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

違いをまとめると…

3つの違いをまとめてみると、こんなことが言えるのではないかと思います↓

sometime ← ピンポイントの「ある時」
some time ← ピンポイントではなく期間にわたる「時間」
sometimes ← ピンポイントが複数ある

難しく考えすぎずに、一つずつ着実に使いこなせるように練習あるのみです!

■他にもある、似ていて間違えやすい英語表現↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS