Home英語コラム

「ラック」を英語で言うと?実は4種類もあった!

「予約」の “reservation” と “booking” の違いは何?
“much” と “a lot of”、”lots of” の違いは?どう使い分ける?
“speak” と “talk” の違いは何?

スポンサーリンク

「グッドラック!」や「マガジンラック」「ハンガーラック」などは日本語になっていますよね。

これらを英語できちんと書き分けたり、言い分けたりできますか?

実は「ラック」を表す英単語は、スペリング違いで4つもあるんです。それぞれの意味とスペリングを確認してみましょう!

「ラック」の英語は4種類

カタカナで書くと「ラック」になる英単語は4つあります。それらは、

  • luck (発音は /lʌk/)
  • lack(/læk/)
  • rack(/ræk/)
  • ruck(/rʌk/)

です。スペリングが違うので、発音ももちろん違いますね。

では、これらはそれぞれどんな意味なのか見てみましょう!

「運、幸運」の “luck”

まず最初の「ラック」は “luck“。これは「」とか「幸運」といった意味があります。

なので「グッドラック」は、

スポンサーリンク

になります。他にも “luck” を使って、

  • Wish me luck!
    私の幸運を祈ってて!

と言ったりします。”luck” は「成功」みたいな意味で使われることも多い単語で、

  • Have you had any luck getting tickets for ○○?
    ○○のチケット取れた?

みたいに使ったり、短くして、

  • Any luck?

なんかもよく使います。これも「うまくいった?」といった意味で、何かを探している人に対して使うと「見つかった?」、新商品を買いに徹夜で並んだ人に対して使うと「買えた?」みたいなニュアンスになります。

他にも、仕事を探している人が、

  • I’ve had no luck so far.

というと「これまでのところ(職は)見つかってない」ということになりますよ。

4つの中でもこれはカタカナの「ラック」に発音が一番近いので、それほど難しくないですが、これから紹介する3つの「ラック」はきちんと発音しないと “luck” に聞こえがちなので、注意が必要です。

「不足」を表す “lack”

カタカナ語にはなっていませんが、英語で「不足」を表すのが “lack” です(発音は /læk/)。

たいてい “lack of 〜” という形で使われて「〜不足」を表します。

スポンサーリンク

  • lack of experience:経験不足
  • lack of information:情報不足
  • lack of exercise:運動不足
  • lack of sleep:睡眠不足

また「欠如」と訳した方がしっくりくることもあって、

  • lack of confidence:自信の欠如
  • lack of respect:敬意の欠如
  • lack of interest:関心の欠如
  • lack of leadership:リーダーシップの欠如

などもよく使われます。

そして、意外と見落としがちですが “lack” には「〜がない、〜を欠く」という動詞の意味もあります。

  • The organization lacks transparency.
    その組織は透明性を欠いている

「ラック、棚」を表す “rack”

そして「マガジンラック」「ハンガーラック」「ワインラック」みたいな「」を表す「ラック」は “rack” です(発音は /ræk/)。

“rack” とは物を置いたり吊るしたりする、フレーム(枠組み)や金網、フックなどで出来ている「棚」や「〜掛け、〜置き」のことで、本箱みたいな全面木材で囲われている棚は “shelf” と呼ばれることが多いです。

  • magazine rack:マガジンラック
  • wine rack:ワインラック
  • shoe rack:シューズラック
  • garment/clothing/clothes rack:ハンガーラック
  • towel rack:タオル掛け
  • dish rack:水切りカゴ
  • storage rack:物置きのラック

また、”rack” には「(羊や豚の)あばら部分の肉」という意味もあるんです。

ニュージーランドは「ラム肉」が美味しいですが、下の写真のような骨付きの塊肉は “rack of lamb” もしくは “lamb rack” と呼ばれます。

この “rack of lamb” がくせ者で、レストランで注文するときに「ラックオブラム」と言ったら絶対に通じないんです。私はこれが大好きでよく注文するのですが、何度も “Pardon?” と言われたことがあります(笑)

スポンサーリンク

“rack” は /ræk/、”lamb” は /læm/、日本人にとってはかなり難易度高めですが、海外で食べたい人はしっかり練習しましょう!

“ruck” の意味とは?

最後は “ruck” です(発音は /rʌk/)。これは日常会話にはほとんど出てきません。

が、去年はラグビーワールドカップの試合で「ラック」というプレーの名前を耳にした方も多いかもしれません。

私はラグビーは詳しくないですが、タックルで倒されたプレーヤーが地面に置いたボールに被さるようにして両チームが密集して押し合い、奪い合うプレーのことを言うそうですよ。

英英辞書を見ると、その「ラック」を形成しているプレーヤーの集まりを “ruck” と呼ぶようです。

そして、もうちょっと身近な “ruck” は「リュックサック」に使われています。これは英語で書くと “rucksack” です。

「リュック」の英語としては “backpack” のほうが断然よく使われていますが、イギリス英語では “rucksack” も使われるようで、私も実際に何度か耳にしたことがあります。

ただし、発音は「リュックサック」ではなく /ˈrʌk.sæk/ なので「ラクサック」に近くなり、アクセントは最初にきます。ご注意を。

今回は4つの luck / lack / rack / ruck を紹介しましたが、スペリングが曖昧なままだと正しい発音はできないので伝わりにくくなります。しっかりスペリングを覚えましょう!

スポンサーリンク

■英語の「カーブ」もスペリング違いで4つあります↓

■「クラッシュ」も3つのスペリングがあってややこしいんです。「カークラッシュ」を英語で書くと?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS