日常の何気ない表現、英語で言えますか?

「働く」だけじゃない!名詞の “work” を使いこなそう
英語ではナゼか “tea” を「食べる」
「〜するつもり」以外の “be going to” の意味と使い方

スポンサーリンク

みなさんは「日常の何気ない表現が難しい…」と感じたことはありませんか?

日々の生活の中のちょっとした出来事や動作が英語で表現できない…と、もどかしく思ったことがある方も少なくないと思います。

私は初めてのホームステイで、朝起きてから寝るまでの間に、とっても簡単なことが英語で言えなかった時に、自分の英語力の無さに改めて気付かされた苦い思い出があります。

そこで今回は、英語の会話の基礎となる表現をガッチリ固めたいという方におすすめの動画を紹介します!

たかが子ども向け、されど子ども向け

今回紹介したいのは『Peppa Pig(ペッパピッグ)』という、子ども向けのアニメです。

名前でピンとこなくても、ちょっと変わったこんなブタのキャラクターを見たことはありませんか?

Peppa_Pig

実はこれ、Peppaという子ブタの女の子が主人公の、イギリスでとっても人気があるテレビアニメなんです。どれぐらい人気かと言うと、イギリスだけではなく他の言語にもなって世界180カ国で放送されるほどです。

うちの娘も少し大きくなり、この『Peppa Pig』を見せると楽しそうに見ています。私も娘と一緒に見ているのですが、なかなか英語の勉強になるなぁと思うことが多く、娘より私の方が真剣に見ているかもしれません(笑)

スポンサーリンク

『Peppa Pig』には生活に役立つ表現がいっぱい!

このアニメは1話が約5分と短く、物語の最後はいつもみんなで笑い転げて終わる、素朴で大人が見ても何だかほっこりする話ばかりです。

話の内容はと言うと、Peppaとその家族の日常を描いた身近な話題ばかりで、日々のほんとにちょっとしたことをネイティブが使うナチュラルな英語で学ぶことができます。

例えば「Teddy’s Day Out」というストーリーは、主人公のPeppaがお気に入りのテディを持って家族とピクニックに行くという話なのですが、こんな表現が出てきます↓

  • 今日はおでかけします
  • 「持ち物の準備はできた?」
  • 私はテディーベアを持っていきます
  • テディーベアを忘れてきました
  • (ピクニックの場所に)「着いたよ!」
  • 今日は仕事は休みです
  • (車で)来た道をまたずっと引き返さなきゃいけない
  • フラフラとどこかに行ってしまう

どれも日々の生活で使いそうな表現ばかりですよね。では、これらをさらっと英語で言えますか?

答えが気になる方は、下の動画でチェックしてみてくださいね ↓
(英語字幕付きはコチラ

もちろん他にも違う言い回しはあると思うので、これだけが正解という訳ではないですが、意外と悩んでしまったものもあるかもしれません。

以前にコラムで紹介した “So are we” という表現も登場していましたね!

基本の表現・言い回しこそ大切

試験のために英語を学んでいる方や、もっと難しい英語を勉強したいという方には、もしかしたらこのアニメは役に立たないかもしれません。

でも、留学・ワーキングホリデーを計画している人や、これから海外に住みたいと思っている人など、英語で生活をすること・日常会話の基本を身につけることを意識したときにはかなりオススメな内容です。

日々のちょっとしたことを全て英語で言えるようにするって、結構大変なことですからね。

子ども向けのアニメをあなどってはいけません。シンプルだけど大切な英語の基本の言い回しがギュッと詰まっていて、『こう表現するのか!』と目からウロコの連続です。

バリバリのイギリス英語!

この『Peppa Pig』はイギリスのアニメなので、主人公のPeppaはもちろん、お母さんのMummy Pigも、お父さんのDaddy Pigも登場人物全員がバリバリのイギリス英語を話します。

ブリティッシュアクセントに慣れていないと「え?」と耳を疑うような訛りに聞こえるかもしれませんが、声もかわいくて、話すスピードもゆっくりなので、イギリス英語を勉強したい方には特にオススメです。

1つのストーリーが5分程度なので、1日1話を何度も見て気になった表現を覚えるようにすると、日常のちょっとしたことはスラスラ言えるようになるのではないかと思いますよ。

小さなお子さんに英語教育をと考えている人にも人気で、本やDVDなども販売されています。

また、YouTubeでも見ることができるので、試しに1つ見てみてください。きっとハマりますよ!

おすすめのストーリー

■日常生活で役立つ英語表現を紹介した過去のコラムもぜひ合わせてご覧ください!
コラム一覧はこちらからご覧いただけます。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS