【過去形と現在完了形】I lost my keyとI have lost my keyの違いが分かりますか?

“for sale” と “on sale” の違いって何だろう?
もう迷わない!”any” と “some” の使い分け
「その時、それから」だけじゃない!”then” の使い方

スポンサーリンク

“I lost my key” と “I have lost my key”、どちらも「私は鍵をなくしました」と訳されます。でも、その違いって一体何なのでしょうか?

ある程度の英語が話せるようになってきたら、多くの人がぶち当たるのが現在完了形の壁だと思います。

でも、イギリス英語圏で留学・生活するのなら特に、過去形と現在完了形の違いはとても重要です。

今回は、そんな過去形と現在完了形の違いを “I lost 〜” と “I have lost 〜” を例に挙げながら、とっても分かりやすく紹介したいと思います!

イギリス英語とアメリカ英語の違い

「イギリス英語とアメリカ英語の違いは?」と聞かれたらどんなことをイメージしますか?

発音・スペリングの違い(英:centre、米:center)、使う単語の違い(英:lift、米:elevator)などはご存知の方も多いと思います。

でも、意外に知られていないのが、この「現在完了の使い方の違い」なんです。
イギリス英語圏ではかなり頻繁に使われ、同じような意味の文章でもアメリカ英語では過去形を使う場合があります。

この違いが「イギリス英語圏で留学・生活をするなら、現在完了形は重要」と書いた理由なんですね。ちなみに、ニュージーランドもオーストラリアも相当イギリス英語寄りの英語なので、現在完了形をめちゃくちゃよく使います。

“I lost my key” と “I have lost my key” の違い

“I lost my key” も “I have lost my key” も日本語では「私は鍵をなくしました」と訳されます。

イギリス英語では、なくした鍵がまだ見つかっていない場合には “I have lost my key” を使い、なくしたけど見つかった後には “I lost my key” と表現されます。
が、アメリカ英語ではどちらの場合も “I lost my key” と言えるんです。

スポンサーリンク

ちょっとややこしいですね。
では、その辺をスッキリさせてみましょう!

Keys

英語は英語で勉強しよう

以前にも何度か紹介しましたが、英語を英語で勉強すると英語力がグンと伸びます。

そこで今回も、必要な英文法が全て簡単な英語で分かりやすく説明してあるEnglish Grammar in Useの解説を見てみましょう。

“I have lost” と “I lost” の違いが、とっても分かりやすく解説されています。

早速「I have done and I did」のページを調べてみた

過去形と現在完了形の違いを、English Grammar in Useではこんなふうに説明しています。

Tom is looking for his key. He can’t find it. He has lost his key. This means that he doesn’t have his key now.

Now Tom has found his key. He has it now.
Has he lost his key? No, he has found it.
Did he lose his key? Yes, he did.
He lost his key but now he has found it.

どうですか?とっても簡単な英語で説明されてますよね。
英語で英語を勉強するって少し難しいイメージがあるかもしれませんが、実は日本語を介さないほうがストレートに頭に入ってきやすいことも多いんです。

そして、これをさらに目で見てわかりやすくすると、こんな感じです。

現在完了形の “I have lost my key”

i-have-lost-my-key

過去形の “I lost my key”

i-lost-my-key

これで過去形と現在完了形で表す「鍵をなくした」の違いはバッチリですね!

文法ってやっぱりすごく大事

文法を勉強するよりも会話力を伸ばしたい!という方、気持ちはとっても分かります!でも、どこかできっと「もっと文法を勉強しないと…」と思う時が来ると思います。

会話は、基礎となる文法がしっかり分かっていれば、トレーニング次第でかなり伸びます。
でも、文法が分からなければ、簡単なフレーズは丸覚えで話せても、そこから自分で応用していくことはできません。

文法の基礎を完璧にしたい方、英語で英語を勉強するなんて難しすぎる…という方にもゼヒ使ってみて欲しい一冊です。本当に全然難しくないのに、いつの間にかちゃんと文法力がつきますよ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS