「雨が降ってきた」って英語でなんて言う?

「少しは」「少しも」って英語で何て言う?
「マンション」「一軒家」って英語で何て言う?
カタカナ発音では通じない英単語たち

スポンサーリンク

先日、近所の人と道端で話していたら、ポツっと雨粒が落ちてきました。

すると、その人が「雨が降ってきたね」と言ったのですが、この「雨が降ってきた」って英語でどう表現するのでしょうか?

悩まずにさらっと言えますか?
一見簡単そうですが、実は意外と悩みませんか?

今回はそんな「雨が降ってきた」という表現に迫ってみたいと思います!

“start” と “rain” どう使う?

「雨が降る=rain」「〜始める=start」なので、この2つを組み合わせたらいいのは何となく想像がつくと思います。

問題はその先です。

私も以前、こういうシチュエーションで「簡単そうだけどちゃんと言えない…」ともどかしく思った経験があります。その理由は、

スポンサーリンク

  • “start” は過去形にする?現在完了?それとも進行形
  • “start” の後ろは “-ing“?それとも “to 〜“?

でした。つまり、以下の6つのパターンのどれが正しいのかで迷っていたんです。

  1. It started raining.
  2. It started to rain.
  3. It’s(=It has) started raining.
  4. It’s(=It has) started to rain.
  5. It’s(=It is) starting raining.
  6. It’s(=It is) starting to rain.

悩めば悩むほど分からなかったのですが、ニュージーランドで暮らし始め、ネイティブが使っているのをよく聞いていると、こんな場面では上の6つの文章のうち1つだけをとてもよく耳にすることに気が付きました。

あなたならどれを選ぶか考えてから読み進めてくださいね。

Supporting Mum

「雨が降ってきた」は英語で?

雨がポツポツと降ってきた…そんなシチュエーションで耳にする「雨が降ってきた」は、6番の、

It’s starting to rain.

なんです。
現在進行形を使うことによって「今まさに、ポツっと顔に雨粒が落ちてきた」という降り始めてきた感じが表せるんですね。

では、同じ現在進行形を使った5番の “It’s starting raining” はなぜ耳にしないのでしょうか。
それにはちゃんと理由があります。English Grammar in Useによると、

You can say:
It has started raining. or It has started to rain.

But normally we do not use -ing after -ing:
It’s starting to rain. (not It’s starting raining.)

と書かれています。
“-ing” の後ろに “-ing” が続くのは避けられるんですね。

スポンサーリンク

“start” の後ろは “-ing” も “to” もOK

上のEnglish Grammar in Useの解説にもあるように、“start” の後ろに来る動詞は “-ing”、”to 〜” のどちらでもいいんですね。

なので、私が迷っていた選択肢の1-4番も文法的には全て間違っていません。

  1. It started raining.
  2. It started to rain.
  3. It’s(=It has) started raining.
  4. It’s(=It has) started to rain.

1と2の意味は同じ、3と4の意味も同じです。

ただ「まさに今、雨粒がポツポツ落ちてきだした」というニュアンスは過去形を使った1と2からは感じ取れません。
「今よりも前の時点で雨が降り出した」という事実を述べているだけなので、今この瞬間から少し切り離されたような遠い印象も受けます。

それに対して、3と4の現在完了形を使った表現は、過去に始まったことが今も続いている感じが出ています。
「ちょっと前に降り始めて、今も降っている」そんなニュアンスです。でも、今まさに顔にポツっと雨粒が落ちてきた…というシチュエーションとは少しだけ違いますね。

現在進行形、過去形、現在完了形が表すもの

今回のコラムでは「雨が降ってきた」という、日常で何気なく使う表現を紹介しましたが、現在進行形・過去形・現在完了形の違いみたいなものも感じられるかなと思います。
(過去形と現在完了形の違いは、以下のコラムで詳しく紹介しています↓)

文法ってなかなか頭に入りにくかったりしますが、今回紹介したような具体的な場面をイメージすると理解しやすいかもしれませんね。

上にも登場したEnglish Grammar in Useは、ややこしそうな文法もシンプルな英語でとっても分かりやすく解説されているので、文法が苦手な人にこそオススメの1冊です↓

スポンサーリンク

「雨」「天気」にまつわる英語表現はこちら

お天気の話題は、ちょっとした会話のきっかけに使えるので、色んな表現をマスターしておくと絶対に役に立ちます。

「雨」や「天気」にまつわる表現を紹介した以下のコラムも、ぜひあわせてご覧ください!

「晴れ」「曇り」「雨」の色んな表現や「雹・雷・霧・霜」「暑い・寒い・ジメジメした」といった会話でよく耳にする表現を紹介しています↓

“rain cats and dogs” よりもよく使われる「土砂降り」の表現はこちら↓

「気温は◯℃です」や「0℃」「マイナス5℃」などの英語表現に加えて「最高気温・最低気温」の言い回しも紹介しています↓

お天気も含めた「会話のちょっとしたきっかけ」になる話題を紹介したコラムはこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS