「雷」は英語で何て言う?サンダーじゃない?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

「雷」って英語でどう言うのか知っていますか?
「サンダー」と答える人もいるかもしれません。

では『ブラックサンダー』というお菓子はご存じでしょうか?美味しいですよね。

先日、ブラックサンダーのパッケージを見て思ったことがあったんです。

雷っぽいデザインのパッケージですよね。「雷」と言えば確かに「サンダー」なのですが、引っかかったのは「おいしさイナズマ級!」の部分です。

実は「イナズマ」は英語で「サンダー」ではないんです。

この記事の目次

「雷」は英語で「サンダー」?

「雷」は確かに英語で、

thunder

と言います。ところがピカッと光る「イナズマ」は “thunder” ではなく、

lightning

と言います。つまり、英語では「雷の(雷鳴)」と「雷の(稲妻・稲光)」を別の単語で表すんですね。

日本語では「雷が鳴る」「雷が光る」みたいにどちらにも「雷」という言葉を使うので、それに比べると英語はややこしい感じがします。

では「雷が落ちる」は “thunder” と “lightning” のどちらで表すと思いますか?

“thunder” で表す「雷」

“thunder” と “lightning” を使った例文をいくつか見てみましょう。

まずは “thunder” から。雷の(雷鳴)のほうですね。
“thunder” という単語の特徴は数えられないことです。なので、”a thunder” や “thunders” とは言えません。

  • The thunder was really loud.
    雷はすごい音だった
  • My dog is scared of thunder.
    私の犬は雷(の音)が怖い
  • Thunder crashed in the sky.
    雷が空で轟いた
  • I heard the rumble of thunder in the distance.
    遠くで雷がゴロゴロ鳴るのが聞こえた
    (※ rumble は長く続く低いゴロゴロという音を表します)

“thunder” は数えられませんが、一回の大きな雷の音のことを “a clap/crash/crash of thunder” のように表現することはできます。

  • That was the loudest clap of thunder I’ve ever heard in my life!
    今まで聞いた中で一番大きな雷(の音)だったよ
    ※一回のバリバリという音

“lightning” で表す「雷」

次は “lightning”、雷の(稲妻・稲光)のほうです。

スペリングを “lighting” と間違えやすいので注意して下さいね。これだと「照明」になってしまいます。正しくは “lightning” です。これも数えられない単語です。

  • Lightning flashed across the sky.
    空に稲妻が走った(稲妻が光った)

ピカッと光る1つの稲妻・稲光を数える場合には “a lightning flash/bolt” や “a flash/bolt of lightning” なんかも使われます。

  • I captured a lightning bolt.
    稲妻の撮影に成功した
  • A bolt of lightning struck just metres away from me.
    雷(稲妻)が私の数メートル先に落ちた

上に出てきた質問の「雷が落ちる」を表すのは “thunder”?それとも “lightning”?の答えはもう分かりましたよね。”lightning” が正解です。

  • Lightning struck a tree near me.
    私の近くの木に雷が落ちた
  • The tree was struck/hit by lightning.
    その木は雷に打たれました
  • The tower was hit by a lightning strike.
    タワーに雷が落ちた

“thunder and lightning” や “thunderstorm” で表す「雷」「雷雨」

雷鳴と稲光のどちらも合わせた「雷」は、そのまま “thunder and lightning” で表せますよ。

  • Thunder and lightning is forecast for later today.
    今日この後、雷の予報です
  • I was very scared of thunder and lightning as a kid.
    子どもの頃雷がとっても怖かった

順番を逆にして “lightning and thunder” とは言わないので注意してくださいね。”salt and pepper” みたいなもので、語順はいつでもこのままです。

また、雷(雷鳴・稲妻)を伴った激しい「雷雨」は “thunderstorm” で表します。これもとってもよく使われる単語ですよ。

  • There was a big thunderstorm last night and we lost power.
    昨日の夜、激しい雷雨があって停電になった
  • I got caught in the thunderstorm.
    雷雨に遭いました
  • I slept through the thunderstorm.
    雷雨があったけど起きなかった(目が覚めなかった)
  • There are thunderstorms in the forecast.
    雷雨が予想されています、予報では雷雨です

日本語では「雷」と一言で済ませられますが、英語にはいろんな「雷」の表現があるので、英語のニュースを読んでみるのも面白いですよ。まずは日常生活に出てきそうな “thunder” と “lightning” をしっかり使い分けましょう!

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次