お互いの名前を呼び合う大切さ

“Would you mind …?” と聞かれたらどうする?
英語で答えに困る質問をされたら
英単語の意味を全部知っている必要はない

スポンサーリンク

私がニュージーランドに来た当初に全く慣れなくて、今でもまだ苦手なのが「相手の名前を呼ぶこと」です。

この「お互いの名前を呼び合うこと」はニュージーランドを含め、英語圏で生活するなら必ず付いて回ることです。

そして、私以外にも「日本で長く生活した後に海外に出た人」は同じような経験があるのではないかと思います。

名前を覚えるのが大変

日本では、友達や特に親しい人を除いては「上の名前 = 苗字」で社会が成り立っていますよね。

会社でも近所でも苗字で認知されて、初めて会った人に自己紹介をするときも、例えば「鈴木です」のように苗字で名乗ります。

でも、ニュージーランドでは違います。

会社でも近所でも苗字ではなく、多くの場合ファーストネームで呼び合います。初めての人に名乗るときも “I’m John” と、ファーストネームを言います。

簡単な名前だといいのですが、あまり馴染みのない名前だと覚えるのが本当に大変です。

そして、日本にはない「ある習慣」が、それをさらに難しくさせているんです。

スポンサーリンク

ファーストネームで名乗る社会

日本はファーストネームで名乗る社会ではありませんね。
苗字で名乗る社会ですが、時には苗字すら名乗らない場合もあります。

例えば、花子ちゃんのお父さんは花子ちゃんの友達に「花子の父です」と言うことがあります。そこでわざわざ「お父さん、下の名前は何ですか?」と聞き返したりしません。

でもニュージーランドでは、Davidさんの父親のJohnさんが名乗るときは “I’m John” です。そして、Johnさんの奥さんは “Hi, I’m Kate” です。そうなると、覚える名前の数が単純に増えるんです。。

そして、もっと大きな習慣の違いが、日本人を苦しめます。

わざわざ名前を呼び合う習慣

これが最大のクセものです。

日本では友達に会った時に「おはよう」という挨拶は普通ですよね。
でも、こちらの習慣では “Morning, John” や “How are you, John?” などといちいち名前を呼びます。

第1回のコラム「ワンランク上のThank youの使い方」でも紹介しましたが “Thank you, John” などと、ここにも名前を入れて言うことが多いんです。

そして「名前で呼び合う大切さ」を実感した出来事が先日ありました。

カフェでコーヒーを飲んでいたら、私の横でtake away(持ち帰り)用コーヒーを注文したお客さんがバリスタさんと立ち話をしていました。

そして、話の最後にこんなやりとりがあったんです↓

お客さん:I’m Matt, by the way. Nice talking to you.
バリスタさん:I’m Richard. Nice talking to you, Matt.

と、自分のファーストネームを名乗った上で、最後にお客さんの名前をちょっと強調しながら、お互いガッチリ握手です。

Shake hands-Edit.jpg

この2人はそれまで親しげに話していたので「えっ?知り合いじゃなかったの?」と心の中で叫んでしまいましたが、私もカフェで働いていたときは、見知らぬお客さんと話をすることもしょっちゅうでした。

そして最後に “What’s your name?” と聞かれ、相手もファーストネームで名乗ってきて “Nice talking to you, Yoko” と言われることも多かったです。

ファーストネームで呼び合うことの意味

お客さんと店員さんがちょっとした小話をするのは、ニュージーランドでは日常ですが「小話」から「会話」になると、お互いに名前を名乗って認知し合うという習慣があるように思います。

そういった意味で、ちゃんと「相手の名前を呼ぶ」というのは、思った以上に重要です。

特に日本人にとっては習慣が違うので、意識しないとかなり難しいと思いますが、その習慣を通じて見えてくることがあります。

今後、この日刊英語ライフでは、英語という言葉だけではなく、そういった文化や習慣の違いも含めて紹介していければと思っています。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS