「黙祷」って英語で言えますか?

電話番号、西暦、クレジットカード番号…英語で言えますか?
“a” でも “one” でもない「1つの」を表す単語
「イケア」も「コストコ」も英語では通じない?

スポンサーリンク

昨日4月25日は、ニュージーランドの国民の休日「ANZAC Day」でした。

毎年この日は戦争で亡くなった兵士たちの慰霊・追悼式典が全国各地で行なわれるのですが、新聞もテレビも朝からANZAC Dayにまつわるニュースが多くなります。

New Zealand Heraldという新聞のオンラインサイトでANZAC Dayの記事を読んでいると、いくつか気になる英語表現があったので、今回のコラムはそこから3つの表現を紹介したいと思います。

ANZAC Dayって何?

以前に日刊ニュージーランドライフでも紹介しましたが、簡単に言うと、第一次世界大戦で命を落としたオーストラリアとニュージーランドの連合軍(Australian and New Zealand Army Corps)の兵士たちの霊を慰める、両国民にとって非常に大切な日がANZAC Day(アンザック・デー)です。

現在では第一次世界大戦に限らず、その他の戦争や平和維持活動の中で亡くなった兵士たちも含むようになりましたが、毎年4月25日はニュージーランド・オーストラリア両国の各地で、夜明け前から記念式典が開催されます。

↓ ANZAC Dayを象徴するでも花でもあるポピー

Poppies

今日はその新聞記事の中から、気になった英語表現を3つ紹介します。

Dawn Service

ANZAC Dayには、一日中なにかと関連行事が開催されるのですが、その中でも最も重要なのが、この “Dawn Service” です。

スポンサーリンク

“Dawn Service” なんて言葉聞いたことありますか?私はニュージーランドに来るまで全く知りませんでした。

“dawn” は「夜明け」ですよね。その名の通り、夜明け前の暗い時間から始まるんです。

次に、”service” ですが、これが日本語のサービスとは意味がちょっと違うので要注意です。

「あの店はサービスがいい」のサービスの意味もありますが、日本の喫茶店の「モーニングサービス」のノリで、海外で使ってしまうと「朝の礼拝」という意味になってしまう、という笑い話にもあるように、礼拝や儀式という意味もあります。

“dawn service” は野外で行なわれ、現役・退役軍人が出席し、一般の人も自分たちの祖先を追悼するため、数多く集まります。
賛美歌を歌ったり、スピーチがあったり、記念碑に花輪を捧げたりして、国のために尽力した人たちを追悼します。

早朝の暗闇の中で行なわれるDawn Serviceには荘厳な雰囲気が漂います。
どんなのか見てみたい方はNew Zealand Heraldのサイトに動画や写真がありますので、コチラからどうぞ。

Lest we forget

“Lest we forget”
この表現、聞いたことありますか?

これは会話ではほとんど出てこなくて、たいてい何かに書かれているのですが、昨日はいたるところでよく目にしました。New Zealand Heraldの動画にも、こんなイラストが登場していました。

Watch__Auckland_Museum_Anzac_Day_Dawn_Service_-_National_-_NZ_Herald_Videos

これ、日本ではほとんど見たり聞いたりしないと思うのですが、”lest” という単語はとてもフォーマルで「〜しないように」という意味です。オックスフォード新英英辞典には、

with the intention of preventing (something undesirable); to avoid the risk of

とあります。その後ろが “we forget” なので「私たちが忘れないように」という感じになりますが、「私たちは忘れない」というニュアンスでANZAC Dayにはよく見かけるフレーズです。

日本でも同じように「ヒロシマを忘れない」というような表現がありますよね。

a moment of silence

これは直訳で「沈黙の瞬間」です。これが日本で言うところの「黙祷」です。

私はナゼか「黙祷」は日本だけの習慣だと思い込んでいたので、ニュージーランドにもこの “a moment of silence” というのがあると知って、とてもビックリしました。

「一分間の黙祷」は “a minute of silence” と表します。そして「黙祷を捧げる」と言う場合には “observe” という動詞を使って “observe a moment of silence” となります。

“observe” は「観察する」とか「観測する」という意味でよく使われますが、こんなふうにも使われるんですね。

今日はちょっと堅い内容でした

いつもは会話で使える表現や便利な表現を中心にお届けしていますが、今後はこういった新聞からのコラムも不定期でお届けして行く予定です。

「話す表現」と「書く表現」では、使う単語が全く違ったりするので、いつもは英字新聞など読まないという方にも、少し「書く表現」に興味を持ってもらえるような内容でお届けしたいと思ってます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS