“sorry” を使わない「すみません」

学校では教えてくれない “say” の使い方
意外と使える単語 “wonder”
“done” を上手に使っていますか?

スポンサーリンク

先日、世界中で話題になった動画がありました。

ご覧になった方もいると思いますが、自宅の仕事場からSkypeを使ってBBCの生放送に出演していた、ロバート・ケリーさんという大学教授。

とっても真剣な話をしている最中に、ある珍事件が起きて番組の進行がストップしてしまいます。

その時にケリーさんが言った「すみません」には “sorry” 以外の表現も出てきます。
さて、それは一体どんな表現なのでしょうか?その珍事件の動画と共にお楽しみください!

“sorry” を使わない「すみません」

まずは、話題になった動画から見てみましょう。

動画はBBCニュースです。登場するケリーさんという教授は韓国の政治の専門家で、韓国の朴槿恵大統領の弾劾についてスタジオのキャスターと生中継で話しているというとってもシリアスな場面です。

電車の中や会社など、爆笑できない環境で見る人は気をつけてくださいね。笑いがこらえられない可能性があります。

20秒あたりから「すみません」という表現がいくつか出てきましたね。聞き取れましたか?

  • Pardon me
  • My apologies.
  • Sorry.

そこで今回は、2つ目に出てきた “My apologies” を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

覚えておきたい “My apologies”

この “My apologies” というフレーズ、耳にしたことはありますか?

「謝罪する」という意味の動詞に “apologize” がありますが、その名詞が “apology(複数形:apologies)” です。

つまり “My apologies” は「お詫びします」「すみません」「申し訳ありません」と言うような場面で使われる表現なんですね。丁寧でフォーマルな感じなので、特にビジネスで登場する機会が多いです。

“apology” の意味をオックスフォード現代英英辞典で見てみると、

a word or statement saying sorry for something that has been done wrong or that causes a problem

となっていますが、実はここで1つ大きな注意点があります。

この「お詫びします」「すみません」「申し訳ありません」といった “I’m sorry” の意味で使う場合には、必ず “My apologies” のように複数形になるんです。

  • My apologies. I seem to have misplaced the book you lent me.
    申し訳ありません。お借りした本をなくしたようなんです
  • My apologies for the delay in replying to your email.
    メールの返信が遅くなりすみません

のような感じですね。さらに、

  • Please accept our (sincere) apologies for any inconvenience caused.
    ご不便をおかけし(心より)お詫び申し上げます

はとても丁寧でフォーマルな表現なので、ビジネスのメールや手紙で好んで使われます。

kmg_090403_01 海とビジネスマン

“My apologies” と “My apology” は別物

“I’m sorry” の意味で使う時には必ず複数形の “My apologies” になると紹介しましたが、”apology” が単数形で使われることもあります。

でも、これは少し意味が違ってくるんです。
複数形ではない “apology” は「謝罪」という意味になり、こちらは、

  • I owe you an apology.
    あなたに謝らないといけません
  • I received a letter of apology from the company.
    その会社から謝罪の手紙が届いた

のように使われます。

“my apologies” と “my apology” は間違えやすいので注意してくださいね。
“I’m sorry” を言い換えたのが “my apologies” で「謝罪」ということ自体を指すのが “(my) apology” です。

どうして複数形になるの?と疑問に思った方は、こちらのコラムもどうぞ↓

謝り方にはいろいろある

今回紹介した “My apologies” は、友達とのカジュアルな日常会話で使うことはほとんどないと思います。

でも、仕事で取引先へのメールの返信が遅れたりした時にはよく使われるので、覚えておくと “I’m sorry” のワンパターンから抜け出せますね。

今回の動画に出てきた “Pardon me” についてもまた今後取り上げたいと思います。
その他にも、謝る場面で役立つ表現はこちらでも紹介していますので、ぜひこちらも併せてご覧ください!↓




■今回のコラムで登場した “misplace” もビジネスでよく使われる単語です↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS