間違いやすいハイフンを使った表現

“but” の代わりに使いたい “though”
「お待たせしてすみません」って英語でなんて言う?
“I’m sorry to be late” は使わない?

スポンサーリンク

皆さん、英語でちゃんと年齢が言えますか?
『そんなの簡単簡単!』と言う人がほとんどだと思います。

では、これはどうでしょうか?
「私の息子は5歳です」

これを2通りの英語で表現できますか?

「私の息子は5歳です」

まず一つ目は簡単に思い付くと思います。

“My son is five years old.” ですね。

では、もう一つの言い方はどうでしょうか?
“I have” から始まる「私には5歳の息子がいます」という文章にしてみましょう。

正解は “I have a five-year-old son” です。

ここでハイフンが登場しました。
この場合は “a five-years-old” にはなりません。”a five-year-old” です。

それでは、”three hundred year old temples” はどういう意味になるでしょうか?

スポンサーリンク

「3つの築100年のお寺」”three hundred-year-old temples”
「築300年のお寺がたくさん」”three-hundred-year-old temples”

のように、ハイフンが無いとどちらの意味にもとれてしまいますよね。

そんな混乱を避けるためにも、2つ以上の言葉が連なって後ろの言葉を形容する時には、ハイフンで「どこが一括りか」をはっきりさせます。

何度も言いますが、ハイフンでつなぐ時は “s” に注意が必要です。

meditatin' at (not) zen temple

年齢以外でもよく使うハイフン

そんな「ハイフンでつなぐような表現」は日常生活にもよく登場します。

例えば「そこまでは(歩いて)10分だよ」と言う場合。
“It takes ten minutes to walk there”、”It’s ten minutes’ walk” とも言えますが “It’s a ten-minute walk” もよく使われます。

両替で「10ドル札が5枚欲しいです」もこのパターンで表現できます。
“I’d like five ten-dollar notes” となります。

「5つ星のホテルに泊まりました」はどうでしょうか。
“I stayed at a five-star hotel” ですね。

「それは2時間の番組です」は “It’s a two-hour show”、「8両編成の電車」は “an eight-carriage/car train” のように表現します。

ハイフンでつなぐ時は “s” に注意

例に出てきたように「10ドル札5枚」などと言う場合はとても混乱しやすいです。

ついつい “five ten-dollars notes” と言ってしまったりしますが、”dollars” のsは要りません。

たった一つの “s” ですが、ネイティブの人は音で判断していることも多いので、その一つの不要な “s” があるだけで「?」となったりすることもあります。

また、ハイフンでつなげるような表現でも、ハイフン無しで書かれることもあるので、ハイフンの有無だけに頼らずに表現の仕方をマスターできるといいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS