“favourite” は「お気に入りの」ではない

“sad” だけじゃない!ショックで悲しい時に使う表現
「洗濯する」「洗濯物」って英語でなんて言う?
“I’ll be away until Monday” 月曜日は いる?いない?

スポンサーリンク

“favourite”、アメリカ英語では少しスペルが変わって “favorite”。
皆さんよくご存じの単語だと思います。

この単語を「お気に入りの」と覚えている方は、いませんか?

実は “favourite” の本当の意味は「お気に入りの」ではないんです。

“favourite (favorite)” の意味は?

“favourite” は「フェイバリット」という日本語にもなっているので、わりとよく知られた単語だと思います。

では「その意味は?」と問われると、かなり多くの方が「お気に入りの」や「好きな」と答えますよね。

“What’s your favourite Japanese food?” と聞かれると “Sushi, Yakiniku, Ramen, Sashimi and Tempura” のように、自分が好きな食べ物をいくつか挙げる人もいるのではないでしょうか。

でも、冒頭にも書いたように “favourite” は「お気に入りの」「好きな」という意味ではないんです。

厳密に言うと全く間違っているわけではないのですが、大事なポイントを見逃しているんです。

“favourite” の本当の意味

では、実際のところどういう意味なのでしょうか?

スポンサーリンク

オックスフォード新英英辞典で “favourite” を引いてみました。
名詞と形容詞がありますが、形容詞の意味はこうなっています。

preferred to all others of the same kind

“prefer △△ to ◯◯” で「◯◯より△△を好む」といったような意味ですが、ここでのポイントは “to all others(他のどれよりも)” 」ということです。

ちょっと分かりにくいかも知れないのでEnglish Vocabulary in Useでも “favourite” を調べてみると、テレビに関連するボキャブラリーのページにこんな例文が出ています。

What’s your favourite programme? (=the programme you like most/best)

もう分かりましたよね。
“favourite” は「一番好きな」「最も好きな」という意味なんです。

“the most favourite” は正しい?

私も例に漏れず “favourite” の意味は「お気に入りの」だと思っていました。

でも、ニュージーランドで通っていた語学学校の先生に「”favourite” の最上級は “the most favourite” ですか?」と聞いたら「そんな言い回しはしない。”favourite” 自体が最上級の意味だから」と教えてもらいました。

中学の授業では「お気に入りの」と教わった気がするのは私だけでしょうか?

日本語だと「お気に入りの◯◯は?」に対する答えは、一つだけではなく、いくつあってもいいですよね。

でも、英語で “What’s your favourite ◯◯?” と聞かれて好きなものがいくつか思い浮かんだら、最も好きなものを答えるようにしましょう。

takoyaki

“favourite” が一つではない場合もある

“favourite” には「一番好きなもの(人)」という名詞の意味もあって、こちらもよく使われます。

でも「一番好きなもの」って複数あることもありますよね。どれも同じぐらい好きで、それらがまとめて「一番好きなもの」というような場合ですね。

もっと分かりやすく言うと、ラーメンもお寿司も天ぷらもどれも同じぐらい好きだから “Ramen is my favourite” と言えない、というような場合。

こんな時には “one of” をくっつければ “favourite” が使えます。

“Ramen is one of my favourites” と言うと、ただの「ラーメンが好きです」よりも好き度合いが高いことを表せます。こうなってくると「お気に入り」のニュアンスに近くなってきますね。

他にも、自分のお気に入りのカフェがいくつかあったとして、どこかがダントツ1位で好きな訳ではなく、どのカフェも「ここはすごく好きなカフェです」というニュアンスを伝えたい場合には “This is one of my favourites” と言うことができます。

私の個人的な感覚ですが、この “one of my favourites” や “one of my favourite ◯◯s” はとてもよく耳にすると思います。

「嫌い」を表す時にも使える

また、”Celery is not my favourite” のように “not my favourite” を使うと、”I don’t like 〜” よりも柔らかい表現になるので、こちらも合わせて覚えておくといいと思います。

こんなふうに、嫌いなものをやんわり「嫌いです」と伝えることができたら、ちょっと上級者ですよね。
こちらのコラムもぜひ参考にしてみてください!↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS