「いつか」は選ぶ単語がけっこう大切

“week” は何曜日に始まる?7日間とは限らない?
almostを使わずに「だいたい」って英語で言えますか?
「体調が悪い」「体調がイマイチ」を英語で

スポンサーリンク

「いつか」という日本語、皆さんは日頃どれぐらい使いますか?

「いつかご飯食べに行こうよ」
「またいつか会おうね」
「いつかマイホームが欲しい」
「先月のいつか忘れたけど、彼に会ったよ」

のように「いつか」というのはとっても便利な言葉ですよね。
具体的に「◯月◯日」と言わずに、ぼんやりした話ができます。

もちろん英語にも「いつか」という表現がありますが、知っておいた方がいい、ちょっとしたニュアンスの違いもあるんです。

今日は、そんなちょっと曖昧な「いつか」のお話です。

いつか = someday

英語の授業で “someday” という単語を習ったのを覚えていますか?

その昔、私は未来のことを表す「いつか」に “someday” ばかり使っていました。
“Let’s go for a drink someday(いつか飲みに行こうね)” みたいな感じです。

でも、ニュージーランドに来てから気付きました。
こんな場面で “someday” を使う人はあまり(と言うか、ほとんど)いません。

その代わりに何と言うのかは後ほど紹介しますが、その前になぜ “someday” を使わないのか、その理由を考えてみましょう。

スポンサーリンク

“someday” ってどんな意味?

“someday” を英和辞典で引いてみると「(未来の)いつか、そのうち」と書いてあります。”Let’s go for a drink someday” でも間違ってなさそうですよね。

でも、コリンズ英英辞典には

at some unspecified time in the (distant) future

と書いてあります。
実は “someday” の「いつか」は、どちらかと言うと「いつか分からない遠い未来」を表すんです。

実際に “someday” が使われるのは、例えばこんな時です。

“Someday I want to buy a house”
“I’ll travel around the world someday”

どれぐらい先かも分かりませんし、いつになるかも分からない、漠然とした「いつか」です。

なので、そんな “someday” を使って “Let’s go for a drink someday” と言ってしまうと、飲みに行きたいから誘っているのに、そのニュアンスは全く伝わりません。むしろ逆効果です。

そんな時は、こんな表現をするといいんです。

いつか = sometime

「いつか飲みに行こうよ」というような、誰かを何かに誘いたい時に使う「いつか」は “someday” ではなく “sometime” がよく使われます。

“sometimes(時々)” ではありません。”sometime” です。
ちょっと見た目が似ているので要注意ですね。

その “sometime” とは、こんな意味です。

at a time that you do not know exactly or has not yet been decided

そして、こんなふうに使われます。

“You should come visit us sometime”
“I’ll see you sometime next week”

“someday” との違いは分かりましたか?

“sometime” は “someday” に比べて、もっと現実的だけど、はっきりとした日時を言わない時に使います。

rearrangeable calendar
© Philip

ただし “Let’s get together sometime” のように “sometime” だけだと社交辞令っぽく聞こえることもあります。
日本語の「いつか会おうね」の「いつか」は永遠にやって来ないのと似ています。

そこで “sometime next week” や “sometime next month” と言うことで、来週(来月)のいつ時間があるか分からないけど「来週の(来月の)どこかで会おうね」と言うといいと思います。

そうすれば、実現させたいけど日付は追って決めようという「いつか」のニュアンスが伝えられます。

“sometime” は結構使える

“sometime” は過去の日時をハッキリ覚えていない「いつか(いつだったか)」にも使います。

例えば、”I saw him sometime last year(去年のいつだったか彼に会ったよ)” や “Do you know when it happened?” “It was sometime after eight(8時以降のいつかだったよ)” といった感じです。

日常の会話で “sometime” は、上のように日時をハッキリ覚えていない過去の時や、日時をハッキリさせずに何かの予定を決めたい時などに使える便利な言葉なので、ぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS