「かわいい」だけじゃない!英語の “pretty”

「どう?」「どんな?」「どこ?」日本語訳に惑わされてはいけません
「気温」を英語で表現できますか?
もう迷わない!”any” と “some” の使い分け

スポンサーリンク

“pretty” という単語、誰でも知っていますよね。「かわいい」という意味です。

でも「かわいい」以外の意味で使われることも多いんです。

そんな、日常生活でとってもよく耳にする “pretty”。今回は大きく分けて3つの使い方をおさらいしてみましょう!

まずは基本の意味から

まずは皆さんが知っている「かわいい」の意味の復習からです。

“pretty” を英語で説明するとどうなるんだろう?と思いながらオックスフォード現代英英辞典を引いてみると、こんなふうに書いてありました。

(especially of a woman, or a girl) attractive without being very beautiful

“without being very beautiful” という部分が気になりますが、小さい女の子を「かわいい」と表す時などによく使います。

これは私の感覚ですが、大人の若い女性に対しては “beautiful” とまではいかない「顔がかわいい」という場合には “pretty” が使われ、愛らしい感じの人や赤ちゃんには “cute” がよく使われるように思います。

ただ、”pretty” はそれほど褒め言葉にはならない、と受け取る人もいるようです。

それは、やはり辞書に載っている定義 “without being very beautiful” のニュアンスが含まれるからかもしれませんが、普通より見た目がいい、ぐらいを “pretty” と表すような感覚もあるようです。

スポンサーリンク

そして、あまり知られていないかもしれませんが、”pretty” は人間以外に対しても使います。

(of a thing) pleasing to the eye or the ear

という意味で、友達が素敵なワンピースを着ていたら “Your dress is pretty” と言うこともありますし、素敵な家や景色のことも “pretty” を使って表します。

私は以前の職場で働いていた時に、小さい女の子が私の名札を見て “Your name is pretty” と言ってくれた時に「へー、”pretty” は名前にも使うのかぁ」と驚いた記憶があります。

「けっこう」「まあまあ」を表す “pretty”

次に紹介する “pretty” の意味は「けっこう」「まあまあ」です。
日常会話ではこれらの意味で使われることがとても多く、”How are you?” “I’m pretty good” はわりとよく耳にしますよね。

この “pretty” は程度を表す副詞ですが、English Grammar in Useによると、”pretty” とほぼ同じ程度を表すのは “quite”、”fairly”、”rather” となっています。

そして、これらよりももっと上の「とても」を表すのが “very”、”extremely”、”incredibly”、”really” となっています。

なので、”pretty” は「結構」「まあまあ」ぐらいの意味になります。オックスフォード新英英辞典の定義には、

to a moderately high degree; fairly

と書かれているので、最高レベルよりは低いけど、わりと上、という感じです。

Pretty sure i heard you say cookies !!? (explored)

会話では “Are you sure?” “Yes, I’m pretty sure” のように、形容詞の前にもってきて「けっこう」というニュアンスで使われることが多いです。

この、程度を表す “pretty” の使い方はとってもカジュアルなので、フォーマルな場面や文章では避けた方が無難です。

「ほとんど」を表す “pretty”

最後は「ほとんど」「だいたい」を表す時に使われる “pretty” です。

「宿題終った?」「だいたいね」
「それらは、だいたい一緒です」

と、これらを “almost” ではなく “pretty” を使って言うネイティブがとても多いと以前にも紹介しましたが、上の文章を “pretty” を使って表す方法、覚えていますか?

正解は…

“Have you finished your homework yet?” – “Yeah, pretty much”
“They’re pretty much the same”

でしたね。”pretty much” で「ほとんど」「だいたい」を表すことができます。(もっと詳しく知りたい方は上のリンクをクリックしてください)

また、”That’s pretty much it” は講義や会議などの終わりに使われるフレーズで「だいたいそんなところかな」といった意味で使われます。

簡単なようで奥が深い

“pretty” は誰でも知っている単語ですが、奥が深い単語でもあります。

でも「かわいい」以外で「けっこう」という意味の “pretty” や「だいたい」を表す “pretty much” は会話の中ではとってもよく使われるので、覚えておくと必ず役に立ちますよ。

会話の中で意識して “pretty” の使い方を聞いてみたり、自分でも使っていくと表現の幅が広がるはずです!

こちらも参考にどうぞ

今回紹介した “pretty good” は、実は勘違いして使っている人も多いフレーズです。もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてくださいね↓

また、「かわいい」という意味で “pretty” の代わりに使える表現は、こちらのコラムでも紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS