オフィスにあるもの、英語で何て言う?

イギリス英語とアメリカ英語 音の違い
日本語にしにくい単語 “available”
「がっかりした」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

このコラムでは和製英語をシリーズで紹介していますが、今日はちょっと違う感じでお届けしてみようと思います。

オフィスにあるあんな物やこんな物、カタカナの名前の物も多いですよね。
それって、英語でも通じるんでしょうか?

和製英語っぽいのにちゃんと英語で通じるものや、逆に英語でも通じそうなのに、実は通じないものがあったんです。

オフィスにある、カタカナの名前の物

思い付いたものをザッと挙げてみました。

ホッチキス
シャーペン
カッター
パンチ
クリップ
ガムテープ
サインペン

これらは英語で通じると思いますか?
通じると思う物には【◯】を、通じないと思う物には【×】をつけて、さらに英語では何と呼ぶのか、考えてみましょう。

Dot Com
© Cathy Griffiths

まずは簡単なものから

「ホッチキス」は和製英語であることをご存じの方も多いですよね。英語では “stapler” と呼ばれます。

日本ではなぜホッチキスと呼ばれるのかというと、最初にアメリカから輸入したのがE.H.ホッチキス社製のもので「ホッチキス自動紙綴器」と名づけて販売したからだそうです(Wikipedia調べ)。

次に「シャーペン」です。
シャーペンの日本語正式名称はシャープペンシルですが、英語で “sharp pencil” で通じるかと言えば、そうではありません。

スポンサーリンク

英語では “mechanical pencil” と呼ばれることが多く、”sharp pencil” は「尖った鉛筆」を連想することが多いです。

ということで、この「ホッチキス」と「シャーペン」は英語では通じません。

英語っぽいけど、微妙に判断しにくい

次は「カッター」です。これは英語でも通じると思いますか?

実は “cutter” は、英語でも通じる単語です。でも、他にも “cutting knife” や “utility knife”、”retractable utility knife” と呼ばれることもありますが「カッターナイフ」は和製英語です。

では「パンチ」はどちらでしょうか?あの、書類に穴をあける「パンチ」です。

実は “punch” には動詞で「なぐる」の他にも、

to make a hole in something with a punch

という意味があります。なので “punch” でも通じるのですが、書類に穴をあけるものは “hole punch” と呼ばれることが多いです。

次は「クリップ」です。

Perspective
© Krissy Venosdale

これも “clip” で通じるかもしれません。
でも、上の写真のような書類を留めるためのものは、たいてい “paper clip” と呼ばれています。

では「ガムテープ」は英語で通じるでしょうか?

実はこれは英語では通じません。ガムテープは梱包用に使うので、英語では “packing tape” などと呼ばれています。
また、布ガムテープはニュージーランドでは “cloth tape” と呼ばれることが多いようです。

では「サインペン」はどっちだと思いますか?英語でしょうか?それとも通じないんでしょうか?

サインペンは、和製英語です。と言うよりも、ぺんてるサインペンの商標です。

ぺんてるのサインペンは海外でも売られている国があって “sign pen” と呼ばれているようですが、その他のサインペンのようなものは英語では “marker” と呼ばれることが多いです。

オフィスにも微妙な英語がたくさん

オフィスで使っている物にも、通じない(通じにくい)英語がいくつかありましたね。

物の英語の名前は、国や地域によって少し変わってくることもあるので、これが絶対!というものではありませんが、何かの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS