“That’s a shame” は「それは恥だね」?

ネイティブが会話でよく使う「必ず◯◯してね」
“ditto” って何?知っておきたいラテン語由来の単語たち
外国の人との会話、何を聞いたらいい?

スポンサーリンク

“shame” と聞いて真っ先に思い浮かぶ日本語は何ですか?

学校の授業で “shame=恥” だと習ったような気もしますが、”shame” は日常会話の中では、むしろ違う意味で使われることが多いんです。

“shame=恥” という意味だと思い込んでいる方にゼヒ読んでいただきたい今回のコラムです。

“shame” って何?

“shame” を辞書で引いてみると、確かに「恥、恥になる事」という意味が書いてあります。

この意味だけを覚えている人は少なくないと思います。

私もそうだったので、会話の途中で相手に “That’s a shame” と言われた時には、すごくビックリしました。

直訳すると「それって恥だよね」と、かなり傷ついて凹んでしまいそうなフレーズですが、実はそれは私が意味を取り違えていただけなんです。

“That’s a shame” の “shame” は「恥」ではありません

“shame” にはこんな意味もあります

オックスフォード現代英英辞典には、こんな意味が書いてあります。

スポンサーリンク

used to say that something is a cause for feeling sad or disappointed

ちょっとガッカリして悲しい気持ちなるような感じの時に使われるようですね。
そして、こんな例文が挙げられています。

・What a shame they couldn’t come.
・It’s a shame that she wasn’t here to see it.

どうでしょうか。日本語では、こんなシチュエーションで「残念だ」という表現をしますよね。

なので “That’s a shame” と会話の中で相手が言ったら、その前に話された事やシチュエーションに対して「それは残念だわ」という意味になります。

English Grammar in Useには、こんな使い方の例も載っています。

“Sam isn’t feeling well, so he’s staying here.”
“Oh, that’s a shame./ what a shame.”

こんなふうに、”That’s a shame” だけでなく “What a shame” もよく使われます。

“shame” の代わりに使われる単語

Seriously? That's it?

そして、”That’s a shame” や “What a shame” の “shame” の代わりに “pity” という単語もよく使われます。”pity” も、

a cause for regret or disappointment

という意味で、会話の中では “shame” と同じように以下のように使われます。

“I can’t go to the party tomorrow.”
“Oh, what a pity./ that’s a pity.”

といった感じですね。
「あら、それは残念だわ」というニュアンスを表すフレーズです。

一緒に出かける予定をしていたメンバーの1人が来れなくなった場合などに “It’s a pity you can’t come with us” なんていうふうにも使えますね。

どちらも会話でよく使われる

“That’s a shame” や “That’s a pity”、また “What a shame” や “What a pity” は、特に会話の中でよく出てくる表現です。

“I’m disappointed” ほど重たくなく、また “It’s regrettable …” などよりも、さらっと「それは残念ね」と言う場合によく使われるように思います。

会話のちょっとした場面で使えるので、フレーズごと覚えてぜひ使ってみて下さいね!

今回紹介した「残念だね」のように【英語にしにくそうな日本語の表現】はこちらからご覧いただけますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS