「-free」と「free 〜」。”free” の位置で変わる意味

「海」は英語で?”sea” と “ocean” の違いは何?
“How about” と “What about” の違いは何?
“strange” を使わずに「変」「おかしい」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

突然ですが、問題です。

“SMOKE FREE(スモークフリー)” と書かれた部屋があったら、これは「喫煙室」か「禁煙室」のどちらでしょうか?

ここでは “free” の意味がポイントになってきますよね。

実は “free” はとてもよく知られた単語ですが、”free 〜” と “-free”、つまり “free” が入る位置によって意味が変わってしまうんです。

今回は、そんな勘違いしやすい “free” を取り上げます!

「フリー○○(free 〜)」の意味とは?

まずは「フリー○○(free 〜)」から見てみましょう。

日本語でもカタカナで書いた「フリー◯◯」ってよく見かけますよね。生活の中でよく目にするものに「フリーマガジン」「フリーペーパー」「フリーダイヤル」などがあります。これらは、

無料の〜

という意味ですよね。”Free” や「フリー」と書かれた箱に何か入っていたら「無料=ご自由にどうぞ」だと受け止めますよね。
英語でも同じです。”free 〜” は「無料の〜」という意味になります。

スポンサーリンク

  • Free Wi-fi → 無料のWi-fi
  • Free admission → 入場無料
  • Free shipping → 配送料無料

といった感じです。

「○○フリー(-free)」の意味とは?

では、次は「○○フリー(-free)」です。
カタカナで「○○フリー」と言えば、何を思い浮かべますか?

  • バリアフリー
  • デューティーフリー
  • アルコールフリー

などがありますよね。これらは、

〜がない

という意味になります。「バリアフリー」は「barrier(障壁)がない」、「デューティーフリー」は「duty(関税)がない」、「アルコールフリー」は「alcohol が入っていない」という意味です。

では、英語の “〜 free” にはどんなものがあるか挙げてみると、

  • fat-free
  • sugar-free
  • tax-free

などがあります。この “free” は “free of/from 〜(〜のない)” という意味の “free” なんです。

■海外のレストランのメニューでよく見かける “GF” や “DF”、”NF” という略語のFも “free” を表しています。詳しくはこちらで↓

ただ、ちょっと注意したいのは英語の “alcohol-free” や “liquor-free” は「アルコールが入っていない」ではなく、こんな意味なんです↓

alcohol free zone
© nzlife.net

スポンサーリンク

絵があるので何となく想像がつくと思いますが、ニュージーランドでは道路にこの看板がある場所での飲酒はもちろん、栓の開いたお酒を持っているだけで処罰の対象になります。

つまり「アルコールが許されていない」という意味の「アルコールがない」なんです。

「アルコールが入っていない飲み物」のことは英語では “alcohol-free” とは言いません。”non-alcoholic (drinks)” と言うのでご注意を。

「フリー○○」と「○○フリー」の違い

では「フリー○○」と「○○フリー」の違いは何でしょうか?
もうお分かりですよね。

フリー○○ → 無料の○○
○○フリー → ○○がない

ということです。

では、ここで冒頭の問題に戻りましょう。「SMOKE FREE」の部屋とは一体、どんな部屋でしょうか?

もう簡単ですね。これは「煙がない=禁煙室」が正解です。
ついつい「ご自由にどうぞ」的な雰囲気でタバコを吸ってしまいそうですが、”-free” なので「禁煙室」です!

ニュージーランドでは屋内での喫煙が法律で禁止されているので、レストランやカフェでも建物内では絶対にタバコを吸ってはいけません。もちろんオフィス内も全面禁煙です。
私はタバコを吸わないので、個人的にはそれがニュージーランドのすごく好きなところの1つです。

スポンサーリンク

「子どもの宿泊費無料」は英語で?

先日、日本で宿泊先を探していたところ、”KIDS FREE” と書かれた宿がありました。

よく見てみると「小学生未満の子ども(幼児)は無料」と書かれてあったのですが、海外の人が “Kids free” を見て想像するのはおそらく別のことです。それは、

Kids free=子どもは宿泊できない

です。「○○フリー → ○○がない」でしたよね。なので「キッズフリー→子どもがない(子どもなしの)」という「大人限定」の意味で捉えられてしまう可能性が高いです。

「子どもは宿泊料金が無料」と言いたいなら、”Kids stay free” です。

“free 〜” は「自由な〜」の意味もある

また日本語には「自由な〜」という意味で使われる「フリー○○」もありますよね。

  • (電車などの)フリーパス → 定額で乗り放題の切符
  • フリータイム → 自由時間
  • フリートーク → (台本なしの)自由形式のトーク

みたいな感じです。

  • フリーのアナウンサー → フリーランスのアナウンサー

のように略すこともあります。「フリーランス」とは英語の “free lance” で「lanceがfree」 という意味です。と言われても、ルー大柴っぽくて意味不明ですよね(笑)

“lance” とは「槍」という意味で、中世ヨーロッパで傭兵団に属さず(特定の主君を持たず)に個人の自由契約で闘っていた兵士のことを “free lance” と呼んでいたのが派生して、現在の「フリーランス」の意味になったそうです。

「フリーマーケット」は “free” とは関係ない

最後にちょっと豆知識を。

スポンサーリンク

「フリーマーケット」は “free market” ではなく “flea market” なので、今回の “free” とは関係ありません。
“free” も “flea(ノミ・蚤)” もカタカナで書くと「フリー」なのでややこしいですね。

■”free” は「(予定が)空いている」「暇な」という意味で使われることもあります。
こちらのコラムで詳しく紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください!↓


こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS