“You’re naughty” と “You’re being naughty” って何が違うの?

英語ではナゼか “tea” を「食べる」
“take” と “bring”、ちゃんと使い分けられてますか?
「ちょっと顔を出すよ」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

先日インターネットで、ママが子育てに関する意見を交換し合うイギリスのページを見ていた時のことです。

「”naughty” という単語を子どもに使うことに対して、あなたはどう思う?」というトピックが立てられていました。

“naughty” とは子どもが悪いことをしたり、言うことを聞かなかったりした時に使われる単語で、辞書にはよく「行儀が悪い、やんちゃな」と書かれています。

そして、そのトピックに対してこんな意見を書いている人がいました。

「子どもが悪いことをしたら、”That’s naughty” や “That was a naughty thing to do”、”You’re being naughty” は問題ないと思うけど、”You’re naughty” は絶対にダメ!」と。

では、”You’re naughty” と “You’re being naughty” の違い、分かりますか?

“You’re naughty” ってどんな意味?

まずは、”naughty” の意味をもう少し分かりやすく。

辞書には「行儀が悪い、やんちゃな」と書いてあることが多いと紹介しましたが、オックスフォード現代英英辞典には、

(especially of children) behaving badly; not willing to obey

と書いてあります。やってはいけないことをしたり、言うことを聞かなかったり…といったニュアンスですね。こういう場合、日本語では「悪い」と表現することも多いと思います。

スポンサーリンク

なので、上に出てきた “You’re naughty” は「悪い子だね」、”That was a naughty thing to do” は「それは悪いことだよ」といった意味になります。

“is 〜” と “is being 〜” の違い

お待たせしました。ここからが今日の本題です。

“You’re naughty” と “You’re being naughty”。違いは “being” があるか、ないかですね。

こんな【is/am/are being+形容詞】という進行形の使い方、意識したことはありますか?普通は今現在のことでも【be+形容詞】で表しますよね。

実はこんな使い方をすると、特別な意味になるんです。

いつもお世話になっているEnglish Grammar in Useを見てみると、こんなことが書いてあります。

He’s being = He’s behaving/ He’s acting.
・I can’t understand why he’s being so selfish. He isn’t usually like that.
(being selfish = behaving selfish at the moment)
・He never thinks about other people. He is very selfish.
(= He is selfish generally, not only at the moment)

もうお分かりですよね。

“is being 〜” が表すのは「今は(一時的に)〜に振る舞っている」です。
それに対して “is 〜” は「(本質的に、いつも)〜だ、〜な人だ」という意味になります。

scream and shout

“You’re naughty” と “You’re being naughty” の違い

では、上の例文を踏まえると “You’re naughty” と “You’re being naughty” の違いも簡単ですね。

“You’re naughty” は本質的な性質を「悪い子だ」と言っているのに対し、”You’re being naughty” は「今は悪い子にふるまっている、悪い態度をとっている」というニュアンスになります。

子育てをする上で、親がどんな言葉で子どもに話しかけるのがいいのかは、それぞれの家庭の考え方によりますが、実は私も以前、子どもが悪いことをしても “You’re naughty” は言っちゃダメ、と聞いたことがあります。

今回のコラムの冒頭に出てきた「”You’re being naughty” はいいけど、”You’re naughty” はダメ!」と書き込んだ人の意図するところは、これではっきりしましたよね。

“You’re being naughty” はその子どものことを「悪い子」と言っているのではないのです。

■子どもが悪いことをした時に「叱る」の英語表現はこちら↓

“is being+形容詞” の注意点

“is being 〜” は「今は一時的に〜な態度をとっている」ですが、注意したいのは「いつもはそうじゃないけど…」というニュアンスは必ずしも含まない、ということです。

あくまでも「今、この時点でどう振る舞っているか」を表すだけです。

例えば、長らく会っていない友達に道でバッタリ会ったとします。その友達に「また飲みに行こう」と言われたけど、本当に誘っていいのか、社交辞令なのか分からないとしましょう。

別の友達に「どっちだと思う?」と聞いたら “He was just being polite” という返事が返ってきたら、これは「社交辞令」なんです。

こんなふうに “is just being polite” で「礼儀正しく振る舞っている=社交辞令で言っている」も表せちゃうのですが、これは必ずしも「その友達がいつもは礼儀正しくない」と言っているわけではありませんよね。

「今この時点では」という進行形のニュアンスをしっかりつかんでくださいね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS