“Good luck!”っていつ使う?

ネイティブがよく使う “errand” の意味とは?
ネイティブは「おととい」「あさって」を英語で何て言う?
“year” と “ear” の発音の違い

スポンサーリンク

“Good luck!” の意味は皆さんご存じですよね。
「幸運を!」みたいに訳されがちですが、一体どんな場面で使ったらいいんでしょうか?

私自身、いろんな人から何度か “Good luck!” と言われたことがありますが、どんな時に言われたのか思い出しながら “Good luck!” の使い方を紐解いてみたいと思います。

“Good luck!” の意味は「幸運を!」?

日本語で「幸運を!」なんて最後に使ったのは、いつだったか思い出せないぐらいです。

そもそも誰かに「幸運を!」と言うシチュエーションが思い浮かびません。

日本で宝くじを買うと、売り場の人が「当たりますように」と言いながら手渡してくれたりしますよね。そんなカンジでしょうか…。

それほど出番のない「幸運を!」ですが、英語の “Good luck!” はもっと気軽に、とってもよく使われるんです。

“Good luck” を耳にした、こんな場面

以前、街に買い物に行ったときに、とっても大事にしていたサングラスを失くしてしまいました。
どこで失くしたか分からず、その日に立ち寄ったお店に電話をして「サングラスの落し物ありませんでしたか?」と聞いた時の会話です。

お店の人:I’ll have a quick look for you.(ちょっとしてから)No, they’re not here.
私:OK, thank you for looking anyway.
お店の人:I hope you find them. Good luck!

スポンサーリンク

ここで一つ疑問が浮かんできました。「Good luck=幸運を!」は本当に正しい訳なのでしょうか?なんだか大袈裟すぎませんか?

オックスフォード現代英英辞書で調べたところ、

used to wish somebody success with something

とありました。つまり「成功するといいね」とか「うまくいきますように」というニュアンスですね。どうりで「幸運を!」がしっくりこないワケです。

“Good luck!” は「うまくいくといいね」

私は前の仕事を辞めたあと、ニュージーランドの首都Wellington(ウェリントン)という街に引っ越してきました。

前の職場では顔見知りの常連のお客さんもたくさんいたので、最後のお別れの時には、

  • Good luck in Wellington!

と言ってくれたのですが、これは「新天地でうまくいくといいね」というニュアンスになります。でも、こんな場合、もっとしっくりくる日本語がありませんか?

「新天地でも頑張ってね!」ってよく言いますよね。
そうなんです。英語の “Good luck!” は日本語の「頑張ってね」がしっくりくることが多いでんす。なので、試験前の友達に、

  • Good luck!
  • Good luck on your exams!
    試験頑張ってね

と言ったりします。”Best of luck with your exams!” と言っても同じ意味です。

Ugh

スポンサーリンク

「頑張って」= “Good luck!” とは限らない

日本語って何かと「頑張る」で片付いてしまうことが多くないですか?

東北の震災の後には『がんばろう東北』や『がんばろう日本』という言葉がとてもよく使われましたよね。
でも、震災で痛みを負った人に対して “Good luck!” なんて言葉は絶対に使いません。

日本語の「頑張る」はすごく便利な表現ですが、それだけに英語にしにくいんです。

ちなみに、ニュージーランドには “Kia Kaha” というマオリの言葉があります。
これは “stay strong”という意味で、2011年2月のクライストチャーチ大地震と3月の東北の震災の後「ともに復興していこう」という意味で、とてもよく使われました。

↓ニュージーランド観光局のウェブサイトより
Kia kaha

つまり、日本語の「頑張る」はいろんな場面で使えますが、”Good luck” は試験や就職の面接・プレゼン・大きな環境の変化(引っ越しなど)、何かに挑戦したり、大きなことを控えている人に対して「頑張って=うまくいくきますように!」と祈るときに使います

そうではない「頑張って」に “Good luck!” は使えません。

辞書にも載ってない “Good luck with that.”

「頑張って!」の気持ちを込めて “Good luck!” と言うのとは、ちょっと違う使い方もあります。

例えば、全く運動をしていない友達が、練習なしでホノルルマラソンに出場するとします。
その友達が「100位以内を目指す!」と言うと、周りの人はちょっと冷めた感じで、

スポンサーリンク

  • Good luck with that.

と言うかもしれません。でも、これは文字通りではなく「せいぜい頑張ってね。無理かもしれないけど」という皮肉っぽいウラの意味が隠されています。こんな使い方もするんですね。

もちろん、”Good luck with that!” で皮肉ナシの「頑張ってね!」を表すこともあります。その場合は、応援してる気持ちが伝わるように、明るいトーンで気持ちを込めて言うといいと思います。

“Do your best” も「頑張って」?

“Do my best” や “Do your best” でも「頑張る」「頑張って」を表せるような気がしませんか?
これらのフレーズと “Good luck” の違いは以下のコラムで紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS