“Do your best” は「頑張ってね」ではない

ワンランク上のThank youの使い方
カタカナ英語とはイメージが違う単語 “snack”
【保存版】短縮形のアポストロフィの使い方、もう一度おさらい!

スポンサーリンク

これから何か大きなこと・大事なことを控えている人に声をかける時、日本語でよく使うフレーズは「頑張ってね」ですよね。

テストの前や面接の前などに限らず「頑張って」は何かと出番の多い言葉です。

「頑張る」は英語で “do one’s best” と学校の授業で習った方も多いと思いますが、では「頑張ってね」も “Do your best!” でいいんでしょうか?

実は、人に「頑張ってね」と言う場合には “Do your best!” は使わないんです。

“do one’s best” ってどんな意味?

「頑張って」に “Do your best!” が使えないなら、学校で教わった「頑張る = do one’s best」というのは間違いだったのでしょうか?

そんなことはありません。オックスフォード新英英辞典にもちゃんと

do all one can

と書いてあります。「最善を尽くす」ということですね。

「私は頑張りました(最善を尽くしました)」と言う場合には “I did my best” が最もしっくりくると思います。「彼は頑張ったよ(最善を尽くしたよ)」という場合にも “He did his best” は自然な表現です。

でも、これから新天地で生活する人に「新しい場所でも頑張ってね」のような、これから何かに挑戦したり、何かが待ち受けている人に対しては “Do your best in your new place!” とは言わないんです。

スポンサーリンク

“do one’s best” は基本的には自分自身が「頑張る」場合に使われ、誰かを目の前にしての「頑張れ!」という応援には、ほとんど使われません。

「頑張ってね」の定番と言えば、コレ

日本語の「頑張ってね」は何かにつけてよく使われますが、それぐらいよく使われる英語のフレーズが “Good luck” です。

“Good luck!” については以前に紹介しましたが、この “Good luck” は本当によく使われます↓

“Good luck” は「幸運を」というよりも「上手くいきますように」という願いを込めた言葉です。

なので、これから何かを控えた人に対して幅広く使われる、というわけです。

例えば、テストを控えた人には “Good luck on your exam” と声をかけたり、上に出てきたような新天地でこれから新生活を始める人にも、それが東京なら “Good luck in Tokyo!” などと声をかけることができます。

TokyoSkyWalk

“Good luck” は軽い挨拶代わり?

“Good luck” は相手が「明日、面接なんだ」と言ったときの返しとして使うこともできますが、別れ際にもよく使われるんです。

日本語でも別れ際に「じゃあね、明日の面接頑張ってね」と言ってバイバイすることがありますよね。そんな感じです。

別れ際に相手が面接を控えているのを思い出したら “Bye. Good luck with your interview!” と言って去っていく、というような使い方です。

私が妊娠中のときにも、別れ際に “Good luck with your baby!” とよく言われました。「何かを控えている」というのは必ずしも直近のことでなくてもいいんですね。

「頑張ってね」にもいろいろある

今回紹介した “Good luck” は、これから何かに挑戦したり、大きなことを控えている人に対して言う「頑張ってね」でした。

なので、マラソン大会の沿道で応援するようなときの「頑張れー」のように、現在進行形で何かを頑張っている人の応援には使いません。

日本語の「頑張る」「頑張って」は色んなシチュエーションで使えてとっても便利な言葉だけに、英語にするのが大変な言葉でもあります。英語では場面によって違う表現をしないと違和感があったりするからです。

今回紹介した以外の場面で使える「頑張って」というフレーズも、今後のコラムで紹介していきたいと思います。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS