“could” を使って表現の幅を広げよう!

形容詞が2つ以上ある時、どんな順番で並べる?
カタカナ英語とはイメージが違う単語 “company”
will と be going to の違いって何?どう使い分ける?

スポンサーリンク

先日は「〜できた」に “could” は使わない?というコラムをお届けしました。

“could” は「〜できた」という意味でも使いますが、別の意味で使うことも多い単語です。

今回は、現在や未来のことなのに “could” を使う表現を中心に、どんな時によく使われるのかを見てみましょう。

“can” だけではなく “could” が使えるようになると、微妙なニュアンスが上手に伝えられるようになりますよ。

「〜かもしれない」可能性を表す “could”

「〜かもしれない」というと “maybe” などが思い浮かぶかもしれませんが “could” でも「可能性」を表すことができます。

English Grammar in Useには、こんな説明と例文が載っています。

We use could (not can) to say that something is possible now or in the future.
・The story could be true, but I don’t think it is. (not can be true)

現在や未来の「〜かもしれない」という「可能性」を表す時に “could” はとってもよく登場します。
ポイントは現在や未来です。”could” は、一見 “can” の過去形のように見えますが、過去のことを話しているのではありません。

仕事で大きなミスをしてしまった時に “I could lose my job” というふうにも使えますし、懸賞などで「◯◯が当たる!」というフレーズも “You could win ◯◯!” という表現になります。

「仕事を失う」「当たる」と断言するのではなく、”could” を使うことで「その可能性がある」というニュアンスを出しています。

スポンサーリンク

ものの例えで使う “could”

タイトルがちょっと分かりにくいかもしれないので、例を挙げてみましょう。

仲良しの女性2人が久しぶりに会ってカフェでおしゃべりをしています。何時間経っても話は尽きません。

そこで一人が「私たち永遠に喋っていられるわ」と言ったとしましょう。
これを英語にすると、どうなるでしょうか?「できる」なので “can” を使いたくなりますよね。

「私たちは永遠に話すことができる」= We can talk forever.

でいいのでしょうか?
でも、正しくは “We could talk forever” なんです。”can” は使えません。

なぜかと言うと、永遠に話すことは不可能だからです。
ここでいう「永遠に喋れる」は “ものの例え” ですよね。

こういった場合、日本語では「〜できる」と言いますが、英語では “can” ではなく “could” しか使えません。他にも、

“I’m exhausted. I could sleep for a week”
“I’m so hungry. I could eat 100 pieces of sushi”

のように、実際には不可能だけど「〜できる(ぐらいだ)」と言う場合には “could” が使われます。

提案する時にも使える “could”

この使い方もEnglish Grammar in Useに定義と例文が載っています。

We use could to talk about possible actions now or in the future (especially to make suggestions)

A: What shall we do this evening?
B: We could go to the cinema.

A: When you go to Paris next month, you could stay with Julia.
B: Yes, I suppose I could.

Orange Paris

「◯◯することもできるし、△△することもできる」のようにオプションを話す時も “could” が使われる代表的なシチュエーションです。

例えば、デートで「何食べに行こうか?」という話になった時には “We could go for Chinese, Italian, French…” と言えます。

私は以前、本屋さんで「切手を売ってますか?」と聞いたら “No, we don’t. But you could go to ◯◯” と、他のお店を教えてくれました。こんな時にも “could” は使えるんですね。

“could” を使いこなすのは難しい?

慣れるまでは “would” と同じで、使い方が分かりにくい単語かもしれません。
でも、ネイティブの人たちは “would” も “could” も実に絶妙に会話にはさんできます。

“could” も “would” と同じく仮定法で使われることもありますが、きっぱり断定するのではなくて「〜かもしれない」といった、どこかぼんやりしたイメージがつきまといます。

実際に “could” が使われている会話などをたくさん聞くとイメージが掴みやすいですが、そんな機会がない場合は、例文をたくさん見るだけでも何となくイメージが掴めると思います。

使い方が何となく分かったら、実際に使ってみましょう!
表現の幅がグンと広がるようになりますよ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS