“royal” と “loyal” の違いとは?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

スポンサーリンク

昨日、イギリス王室のキャサリン妃が退院されたとニュースになっていました。

イギリス王室は「ロイヤルファミリー」とも呼ばれますよね。では「ロイヤルファミリー」を英語で書くとどうなるでしょうか?

実は、カタカナの「ロイヤル」の元になっている英語は “royal” と “loyal” とがあって、もちろん意味が違います。

では「ロイヤルファミリー」「ロイヤルホスト」「ロイヤルカスタマー」はそれぞれ、”royal” と “loyal” のどちらで表すと思いますか?

今回はそんな “royal” と “loyal” の違いのお話です。

この記事の目次

“royal” の意味とは?

まずは r のほうの “royal” の意味から見てみましょう。”royal” とは、

belonging or connected to a king or queen or a member of their family

Cambridge Dictionary

つまり「国王、女王、王室」関連のことを表すときに使われます。なので「ロイヤルファミリー」は英語で書くと、

  • the royal family

となります。

他には「王立の」という意味で、”the Royal Ballet(ロイヤル・バレエ団)” みたいにも使われます。

ちなみに、名詞は “royalty” で「王室の人たち」という意味以外に、複数形の “royalties” で「印税、特許権使用権」という意味もあるんです。日本語で言う「ロイヤリティ」のことですね。

スポンサーリンク

“loyal” の意味とは?

では、rではなくl(エル)の “loyal” にはどんな意味があるのでしょうか?

“loyal” の意味は英英辞書には、こう書かれています↓

having or showing complete and constant support for someone or something

The Britannica Dictionary

つまり “loyal” は「忠誠な」という意味になります。例えば、

  • Dogs are more loyal to their owners than cats.
    犬は猫よりも飼い主に忠誠だ
  • Mac users tend to stay loyal to the Apple brand.
    MacユーザーはずっとAppleブランドの支持者でいる傾向がある

みたいに何か(誰か)を変わらず支持しているというニュアンスになります。

なので、冒頭で出てきた「ロイヤルカスタマー」は、l(エル)の “loyal” を使った “a loyal customer” が正解ですね。

名詞は “loyalty” で「忠誠」という意味になりますが、日本語では「ロイヤルティ」と言われることが多いようですね。

「ロイヤルホスト」は “royal” か “loyal” か

では、ファミリーレストランの「ロイヤルホスト」は “royal” か “loyal” かどちらだと思いますか?

正解は… Royal Host です。

ロイヤルホストのウェブサイトによると、

創業者、故 江頭匡一が好きだった「ロイヤル」という言葉と、心からのおもてなしでくつろいでいただけるレストランでありたいという思いをこめた「ホスト」。
Royal「世界に羽ばたく/王者の風格」× Host「ホスピタリティ/おもてなし」

ロイヤルホストのウェブサイトより

という意味が込められているそうです。”loyal host” ではないのでご注意を。

スポンサーリンク

■イギリス王室の話題で出てくる “Duchess” の意味とは?

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次