「普通の」って英語で何て言う?

“easy” を使わずに「簡単な」を英語で
イマイチ分かりにくい “due” って何?
「体調が悪い」「体調がイマイチ」を英語で

スポンサーリンク

先日、ちょっと懐かしい曲を耳にしました。

それはShawn Mendes(ショーン・メンデス)という青年が歌う『Life Of The Party』という曲なのですが、ご存知ですか?

私はこの曲が流行っていた当時よく耳にしていたのですが、ちゃんとした歌詞はプロモーションビデオを見て初めて知ったんです。

全体の歌詞もすごくいいのですが、今回は曲の中に何度も出てくる「普通の」という英語表現を取りあげたいと思います。

まずは、こんな曲です

洋楽の歌詞って聞き取りにくかったりしますよね。
この曲もかなり聞き取りづらい箇所がありますが、プロモーションビデオには歌詞が手書き風に出てくるので、何と歌っているのか分かりやすいです。

そして、そのサビの部分に「普通の」という表現が出てきます。
聞いたことがない方もいるかもしれないので、参考までにこんな曲です↓

見つかりましたか?「普通の」という表現が出てくるのはサビの “We don’t have to be ordinary” という部分です。

日本語に訳すとすれば「僕たちは普通でなくていいんだ」みたいな感じでしょうか。

スポンサーリンク

「普通」って英語では何て言う?

この曲を聞いた時にふと思いました。

日本語の「普通」って英語でどう表すんだろう?と。

「普通を英語で言うと?」と言われると真っ先に思い浮かぶ単語は、もしかしたら “normal” かもしれません。

でも、人に対して「平凡な」という意味で使われる「普通の」は、この曲にもあるように “ordinary” がよく使われます。

“ordinary” とは、オックスフォード新英英辞典の定義によると、

with no special or distinctive features

で、反対語は “extraordinary” の「並外れた」という突出したイメージなので、”ordinary” は「突出したところがない」と言った方がが分かりやすいかもしれませんね。

日本語で「普通の」は特に悪いイメージはないかもしれませんが、英語で “You’re ordinary” と言ってしまうと、かなり失礼になる可能性があります。

“normal” ってどんな「普通」?

では、上でチラッと出てきた “normal” とは、どんな場合に使うのでしょうか?

“normal” は「普通の」とも訳されますが「正常の」「通常の」という意味合いでよく使われます。

例えば、事故などで電車のダイヤが乱れていた後に「正常に戻る」ような場合には “back to normal” と言いますし、血液検査などの数値が「正常な」場合も “normal” と表されます。

Injection, Inject

また、オフィスがクリスマスホリデーなどに合わせた特別な営業時間を設けた後「通常営業時間」に戻る場合なども “normal office hours” を使ったりします。

反対語は “abnormal(異常な)” なので、「異常でない」のが “normal” です。

まだまだある「普通の」を表す単語

身長などが「平均的な」場合の「普通の」は “average” を使ったり、名前などが「ありふれた」という意味の「普通の」は “common” で表したりします。

サイズが「普通の」は “medium” でも表せることも多いです。
ちなみに、日本では「S、M、L」のように略して「(コーラの)Mサイズ」なんて言いますが、英語では “M size” とは言いません。”medium” と言います(書く時は日本と同じように略されます)。

さらに、”regular” も「普通の」を表現したい時に使えます。
例えば、またサイズの話になりますが、コーヒーを注文する時の「普通のサイズ」は “regular” とも言います。

または、友達がダイエットコーラを注文したとして、その後で自分がダイエットでもゼロでもない「普通のコーラ」を頼みたい場合は “Just a regular coke, please” という表現をすると思います。

ハーブティーやフレーバーの付いた紅茶ではない「普通の紅茶」が欲しい時は “ordinary tea” でもいいかも知れません。

そして「今日は普通な1日だった」みたいな「いつもの」「通常の」という意味での「普通の」は “usual” でも表せますよね。

単語のニュアンスをつかもう

日本語の「普通の」は使える幅が広くて、そのまま英語に直訳しようとしても上手くいかないことが多いですし、今回紹介したいろんな「普通の」を表す表現も、人によっては違う単語を使うかもしれません。

英和辞典で意味だけを覚えるよりも、英英辞典を使ってみたり、実際に使われている様々な英語表現にふれるのが、違いを理解する近道かもしれませんね。

■「身長」や「体型」を表す表現はこちらで詳しく紹介しています↓

■日本人が「普通」「まあまあ」と言う時によく使う “so so”。ネイティブも使う?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS