Home英語コラム

相槌の「そうなの?」「そうなんだ」って英語で何て言う?

「○○先生」英語での正しい呼び方とは?
使役動詞の “let” の意味と使い方
「久しぶり」は英語で何て言う?”Long time no see” はあんまり使わない?

スポンサーリンク

会話の相槌って慣れないと難しいですよね。

私も慣れるまでは「そうなの?」や「へぇ、そうなんだ」みたいな軽い相槌すら何て言えばよく分からず、”Really?” を多用していました。

ところがネイティブと話すうちに、もっと違う相槌がよく使われていることに気付いたんです。

そこで今回は会話でとてもよく使われる「そうなの?」「へぇ、そうなんだ」の英語表現を紹介します!

「そうなの?」は英語で何て言う?

例えばこんな会話があったとします。

  1. 「昨日歯医者に行ったんだ」「そうなの?」
  2. 「来月、引越しするんだ」「そうなの?」
  3. 「毎日ビールを飲みます」「そうなの?」
  4. 「日本に行ったことあるよ」「そうなの?」
  5. 「私は5ヶ国語話せます」「そうなの?」

どれも何てことのない会話ですよね。これらの「そうなの?」は “Really?” でもいいのですが、こんな場面でよく使われるのは、

  • Did you?
  • Are you?
  • Do you?
  • Have you?
  • Can you?

といった相槌です。

スポンサーリンク

相槌の “Did/Do/Are/Have/Can you?”

上に出てきた会話を英語にしてみると、

  1. I went to the dentist yesterday. −Did you?
  2. I‘m moving next month. −Are you?
  3. I drink beer every day. −Do you?
  4. I’ve been to Japan. −Have you?
  5. I can speak five languages. −Can you?

みたいな感じです。動詞・助動詞・時制にあわせて形が変わっていますが、どれも意味は同じ「そうなの?」です。

ポイントはたった1つ、相手が使った【主語】と【動詞(助動詞)】をしっかり聞き取ることです。そして、それに合わせて相槌をうちます。

この「相手の表現に合わせる」が慣れるまでは難しいです。ただ、慣れてしまえばこれほど簡単な相槌はありません。

上の例文は全て “I” で始まっているので相槌は “you” で返していますが、もちろんそれ以外にも、

  • He told me he was busy. −Did he?
    「彼は忙しいって言ってたよ」「そうなの?」
  • It was very hot here yesterday. –Was it?
    「ここは昨日すごく暑かったです」「そうなの?」
  • They are all the same. −Are they?
    「あれらは全部同じです」「そうなの?」

のような相槌もできます。”Oh, did you?”、”Oh, was it?” のように相槌の頭に “Oh,” をつけることもよくありますよ。

スポンサーリンク

「そうなんだ」にも活用できる

上で紹介した相槌のすごく便利なところは「へー、そうなんだ」にも活用できるところです。

驚きが入った「そうなの?」は語尾をあげて発音しますが「そうなんだ」「そうなんだね」と返す場合は語尾を下げればOKです。

  • I’m working tomorrow. −Are you (⤵︎)?
    「明日は仕事なんだ」「そうなんだ」
  • I got my flu shot. −Did you (⤵︎)?
    「インフルエンザの予防接種したんだ」「そうなんだ」

みたいな感じです。

“Is that so?”、”I see.” など、たくさんのフレーズを暗記しなくてもいろんな場面で応用できるこの相槌、ぜひしっかり練習して身につけてください。本当に便利ですよ。

■他のいろんな相槌フレーズはこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS