相手を急かしたくない時、何て言えばいい?

カタカナ英語とはイメージが違う単語 “company”
相手にやわらかく伝える「〜した方がいいよ」
“How many fingers do you have?(指は何本?)”

スポンサーリンク

海外でカフェに行った時って、メニューを読むのにも時間がかかるし、どんなものか想像もできなかったりして、注文を決めるのにものすごく時間がかかったりしますよね。

そして、ウェイトレスさんが注文を取りに来た時に、まだ迷っていると「急がなくていいわよ」なんて言ってくれたりします。

こんなシチュエーションの他にも、広く使える「急がなくていいよ」というのは、英語でどんなふうに表現したらいいのでしょうか。

急ぐ = hurry up?

「急ぐ」を英語にすると “hurry up” というフレーズを真っ先に思い付きませんか?
“hurry” は「急ぐ」や「急いで◯◯する」を表す単語としてよく知られていますよね。

それでは「急がなくていいよ」は “You don’t need to hurry up” でいいんでしょうか?

実は、こんな場合には “up” は入らずに “You don’t need to hurry” や “No need to hurry” が使われますが、今回紹介するのは、もっとよく耳にする単語 “rush” です。

“rush” は「ラッシュアワー」の「ラッシュ」なので、何となくイメージは掴めると思いますが、この “rush” にも “hurry” と同じように「急ぐ」「急き立てる」という意味があります。

そして、人を急かしたくない時には、この “rush” という単語もとってもよく使われるんです。

“rush” を使った「急がなくていいよ」

例えば、冒頭に出てきた海外のカフェの場面。
お客さんの注文がなかなか決まらない場合に店員さんが言う「急がなくていいよ」は、こんな感じです↓

お客さん:Can I/we have a few more minutes?
店員さん:Sure. No rush.

スポンサーリンク

“No rush” は少しカジュアルな感じですが “No need to rush” なんかも使われます。

これで「急がなくていいよ」という意味になるので、急いで何かをしようとしている人に対して、その必要のない時にはこんなふうに声をかけてあげるといいですね。

No rush

“rush” を使った「急かしている訳じゃないんだけど」

誰かに頼んだことをちょっと急いでやってもらいたい時や、前に頼んだことを忘れてるかもしれないからリマインドしたい時ってありますよね。

例えば、同僚に頼んであった仕事をそろそろ仕上げて欲しいなというような場合。

「そろそろ仕上げてね」と言えば済む話ですが、「別に急かしてるわけじゃないんだけど・・・」とワンクッション入れた方が印象がやわらかくなったりします。

そんなニュアンスが洗わせる表現が、実は英語にもあるんです。
それが “rush” を使った “I don’t mean to rush you, but …” です。

こう言えば「急かしてるわけじゃないんだけど」というニュアンスが表せるので、あとは “but” 以下に「◯◯してくれませんか?」と入れればいいだけです。

「急かしてるわけじゃないんだけど」と言いつつも、実は急かしたい時に使える表現なので、覚えておくと役に立ちますよ。もちろん、本当に急かしていない場合にも使えます。

「ごゆっくりどうぞ」

「急がなくていいよ」というのは “rush” を使わなくても表現できます。

例えば、上に出てきたカフェの場面でも、お客さんの注文が決まらない時にはウェイトレスさんが “No rush” だけでなく “No rush. Take your time” と言ってくれることも多いです。

この “Take your time” も、相手が何かをする時に「急がなくていいですよ」や「ごゆっくりどうぞ」というニュアンスを表す定番の表現なので、ぜひ覚えておきたいですね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS