「(注文は)まだ決まってません」「もう少し時間をください」って英語でなんて言う?

カタカナ英語とはイメージが違う単語 “company”
“at all” ってどんな意味?どう使う?
「Aコース」「Bコース」 は和製英語?

スポンサーリンク

海外のレストランやカフェなどで、注文をなかなか決められないことってありませんか?

そんな時に限ってウェイトレスさんが早く注文を取りに来たり、何度か「ご注文はお決まりですか?」と聞かれたりすると焦りますよね。

今回はそんな「ご注文はお決まりですか?」のよく耳にするフレーズ、そして、まだ決まっていない時に使える「まだ決まっていません」「もう少し時間をください」を表すフレーズをいくつか見てみましょう!

「注文はお決まりですか?」を英語で

ウェイトレスさんがテーブルに注文を取りに来て言う「ご注文はお決まりですか?」という言葉。
私は海外生活にまだ慣れていなかった頃、このフレーズでさえ早口に言われると聞き取れずにドキドキしていました。

そんな、注文を取りに来た時に言われるフレーズの中でも一番よく使われているのは、

  • Are you ready to order?

だと思います。直訳すると「注文する準備はできていますか?」ですね。カジュアルでもなくフォーマルでもなく、色んなお店で使われています。

フォーマルなお店に行くと、

  • Are you ready to order, sir/madam?

のように言われることもあります。カジュアルなお店では、複数人でお店に行った場合、

スポンサーリンク

のように “you” の代わりに “you guys” が使われることも多いです。

また、”Are you ready to order?” 以外にも、

  • Do you know what you’d like?
  • Can I start you off with anything to drink?

のように言われることもあります。
さらに、デリやベーカリー、アイスクリーム屋さんのような店では、カウンター越しにいきなり、

  • Hi, what would you like?
  • Hi, what can I get for you?
  • Hi, how can I help (you)?

のように声をかけられることが多いです。

「まだ決めてません、まだ決まってません」と答える英語表現

注文を取りに来るのがめちゃめちゃ早い時ってありますよね。テーブルについてメニューを見始めたばっかりなのに…というような経験はありませんか?

あるいは、どれも美味しそうで悩んでいる時にオーダーを聞かれたりすることもありますよね。

そんな時に使う「まだ決まってません」の英語表現を次に見てみましょう。

  • We’re not ready yet.
  • We haven’t decided yet.
  • We’re still deciding.

などを耳にすることが多いように思います。
これらのフレーズは、カウンター越しにいきなり「何にしますか?」と聞かれた時にも使えますよ。

スポンサーリンク

また、以前に働いていた職場のレストランでは、

  • We’re still studying the menu.

と言う人もたまにいました。”study” とは「勉強する」だけではなく「じっくり見る」という意味もあって、”study the menu” のように使います。

Menu

また、”Are you ready to order?” と聞かれた時には、

  • No.
  • Not yet.
  • Not quite.

のように短く答えて、次に紹介する「もう少し時間をもらえますか?」と続けてもOKです。

「もう少し時間をください」を英語で

ウェイトレスさんにもうちょっと後で注文を取りに来てもらいたい時に言う「もう少し時間をもらえますか?」には、こんなフレーズが使われます。

■ “a few more minutes” を使う

  • Can we have a few more minutes?
  • Can you give us a few more minutes?
  • We need a few more minutes.

■ “another minute” を使う

  • Can we get another minute?
  • Can you give us another minute (or two)?
  • We need another minute.

■ “more time” を使う

  • Can we have some more time?
  • Could you give us a little more time?

これらの表現には “more” や “another” が使われていますよね。これがちょっとしたポイントで「さらにもうちょっと(の時間)」というニュアンスになります。
また、丁寧に “〜, please?” をつけてもいいですね。

今回はいろいろなフレーズを紹介しましたが、自分で言う場合には使いやすいフレーズを使うといいと思います。

スポンサーリンク

また、上で紹介した例文では “we/us” を使っているので、一人の場合には “I/me”  に置き換えて使ってみてくださいね!

レストランで役立つフレーズ

■入店から注文、食事中、会計まで、シーンごとに役立つ英語フレーズを紹介↓

■”delicious” を使わない「美味しい」の英語表現いろいろ↓

■「お水で結構です」とドリンクの注文を断る時のフレーズはこちら↓

■「飲み物」は “a drink” それとも “something to drink”

■「同じものをください」と注文する時に役立つフレーズはこちら↓

■「とりあえずビール」を英語で↓

■意外と間違えやすい「デザートは後で決めます」の英語表現↓

スポンサーリンク

■「これにします」「じゃ、それにします」と注文する時に役立つフレーズはこちら↓

■苦情を言う場合には “not happy” がとてもよく使われます↓

■メニューで見かける “GF, DF, NF, V, VG” の略語の意味は?

■調理法、ロースト・ベイク・グリルの違いは何?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS