簡単そうで間違えやすい「決める」は英語でなんて言う?

「がっかりする」って英語で何て言う?
英語の金額の読み方。$4.20、$1.50 はどう読む?
ネイティブがよく使う “be looking to do” ってどんな意味?

スポンサーリンク

今回は、意外と間違えて覚えている人も多い「決める」の英語表現のお話です。

イギリス王室に3人目の子となる赤ちゃんが誕生して、昨日からニュースになっていますよね。
その報道の中に「名前を決める」という表現が出てきていました。

「名付ける」には “name” という動詞が使われますが、その前の段階の「名前を決める」って、英語でどう言うのでしょうか?

「決める」を表す英単語

和英辞書で「決める」を引いてみると “fix・settle・decide・choose・establish・resolve” など、多くの単語が出てきます。

確かに「名前を決める」は “choose a name” と言うことができます。でも、それとは別に “decide” という単語を使って表すこともあるんです。

今回のニュース記事の中に、こんな一文がありました。

誰かがウィリアム王子に名前はもう決めたのかどうか尋ねたとき、彼は「すぐに分かるよ」と言った

では、これを “decide” を使って表現するとどうなるのでしょうか? “decide a name” で合っていると思いますか?

スポンサーリンク

Baby

“decide”?それとも “decide on”?

実は「名前を決める」は “decide a name” ではないんです。

正しくは “decide on a name” で、”on” が入ります。ニュースの記事に書かれていた表現も、

When someone asked him whether the couple had decided on a name, he said: “You’ll find out soon enough.”
BBC newsより )

となっています。
でも「decide=決める」と覚えてしまっているせいか、この “on” を抜かしてしまうことが結構多いんです。”decide on 〜” とは、

to choose something from a number of possibilities
オックスフォード現代英英辞典より)

という意味で、つまり「(多くの選択肢の中から選んで)決める」ですね。じっくり選んで決めるニュアンスです。

“decide on 〜” の使い方

では、”decide on 〜” の使い方を見てみましょう。
例えば、結婚式をすることは決まったけど、日程や会場を決めていないような場合には、

  • We haven’t decided on a date for the wedding.
  • We haven’t decided on a venue yet.

のように表現できます。
また、レストランで食事だけ先に注文して「デザートは後で決めます」と言うような場合にも、

  • We’ll decide on dessert later.

と言うことができますよ。

スポンサーリンク

約束の日時を「決める」を英語で

“decide” を使った「決める」が出てきたところで、日々の生活でよく使う「(約束の)日時を決める」という表現も見ておきましょう。

これも、よく “decide the date/time” のように言ってしまいがちですが、”decide” を使うとすれば “decide on” が正解です。

他にも、約束や予定の日時を決める場合にもっとよく使われている単語に、”fix” があります。何かの「日にち・時間を決める」には “fix the date/time” という表現が口語ではよく使われますよ。

■スケジュール調整に役立ついろんなフレーズはこちらで紹介しています↓

ニュースを英語で読むと勉強になる訳

今回はニュースからコラムをお届けしました。

上で紹介したニュース記事は、たまたま目について読んだものですが、いつも英語でニュースを読むたびに「勉強になるなぁ」と実感します。

以前にも書いたような気がしますが、英語の文章は同じ表現を重複して使うのを嫌うため、新聞記事には一つのことを表すのにいくつもの違う表現が出てきます。

なので、ボキャブラリーや表現方法を増やすにはもってこいなんです。

スポンサーリンク

口語では使わないような単語も出てくるのでそのあたりは注意も必要ですが、興味のあるニュースだけでもいいので英語で読む練習を続けていると、だんだんボキャブラリーが増えると思いますよ!

■日程を決めるときに役立つ表現を取り上げた、こちらのコラムもぜひ参考にしてみてください↓


■イギリス王室のニュースになるとよく出てくる、ロイヤルファミリーメンバーの称号・敬称はこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS