エイプリルフールの「噓」を英語で言うと?

“positive” を使わずに「ポジティブに考える」を英語で言うと?
「クリーニング」「クリーニング店」って英語で何て言う?
「遺伝です」「家系です」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

4月1日は「エイプリルフール」ですね。
「エイプリルフール」は英語で言うと、

April Fool’s Day
April Fools’ Day

です。日本ではいろんな企業がこぞってエイプリルフールネタとして面白い噓の企画などを発表したりしていますよね。

ニュージーランドでも同じように4月1日には噓で人々をひっかける、エイプリルフールの習慣があります。

でも、エイプリルフールの報道を見ていて気になったことが1つありました。
それは、エイプリルフールの「噓」を表す英語表現です。

エイプリルフールの「噓」は “lie” じゃない

ニュージーランドの新聞社やイギリスのBBC、アメリカのabc newsのサイトを見ていても、エイプリルフールの「噓」が記事になっています。

では「噓」を英語にしなさいと言われると、どんな英単語を思い浮かべますか?

誰もが真っ先に思い浮かべる単語は “lie” だと思います。他には何も思い浮かばないぐらいです。
でも、新聞記事の中にはどこにも “lie” という文字は見当たらないんです。ナゼなのでしょうか?

そこでちょっと考えてみて下さい。
あなたの友達が「ロトで1億円当たったよ!」と言ったら、あなたは何て返しますか?

日本語なら「ウソ?」などと言いますよね。でも、英語で “Are you lying?”、”You’re a liar!” とは言いません。

スポンサーリンク

“lie” という単語は日本語の「噓」よりもかなり強い言葉で、”You’re a liar” なんていう相手を侮辱するようなセリフは滅多なことでは使いません。

エイプリルフールの、人を面白おかしくひっかける「噓」には別の単語が使われるんです。

I am a flower. I think (Adult Grimaces series)

エイプリルフールの「噓」を表す単語

“April fool” だけでも「エイプリルフールの噓」という意味がありますが、ニュージーランド、イギリス、アメリカのいくつかの新聞社のサイトを見たところ「エイプリルフールの噓」というのは、こんな表現が目につきました。

  • April Fool’s joke
  • April Fool’s trick
  • April Fool’s prank
  • April Fool’s hoax

どれも、おどけた「悪ふざけ」「いたずら」といったニュアンスの単語ばかりです。
エイプリルフールの「噓」は人をかついで「ふざける・ひっかける」ためのものなので “lie” ではなく、これらの単語が使われているんですね。

それぞれの英英辞書での定義を挙げておくと、こんな感じです。(全てオックスフォード現代英英辞典より)

【 joke】something that you say or do to make people laugh, for example a funny story that you tell

【 trick】something that you do to make somebody believe something which is not true, or to annoy somebody as a joke

【 prank】a trick that is played on somebody as a joke

【 hoax】an act intended to make somebody believe something that is not true, especially something unpleasant

↓ こういう、悪意のないイタズラを “prank” と言います。

Hold All My Calls

“hoax” は正しくないものを相手に本当だと信じさせるいたずらというニュアンスで、”prank” よりも重い単語です。「偽の爆破予告」を “bomb hoax” と呼んだりするので、笑えない “hoax” もあります。

スポンサーリンク

噓に「ひっかかる」って何て言う?

エイプリルフールに友達や誰かの噓に引っかかったことがある人はいませんか?
せっかくなので、そんな「ひっかかる」という英語表現も覚えてしまいましょう。

一番よく使われるのは “fall for” というフレーズです。オックスフォード現代英英辞典には、

to be tricked into believing something that is not true

と定義されていますが、まさに「だまされる」「かつがれる」という日本語にピッタリの表現です。

エイプリルフールの噓に引っかかってしまった人は、それを誰かに話す時には、

  • I fell for an April Fool’s joke/prank.

のように言えます。

また反対に、噓で誰かを「ひっかけた」ことがある人もいるかもしれません。そんな「ひっかける」は、上に出てきた “prank” や “trick” を使って、

  • Let’s play a prank on John!
    ジョンをひっかけようぜ(いたずらしようぜ)!
  • We pulled an April Fool’s prank on John.
    エイプリルフールでジョンをひっかけたよ
  • My husband played a trick on me.
    旦那はいたずらで私をひっかけた

のように表すことができます。あるいは “set up a prank” という言い方もできますよ。

英語の “April fool” の意味

英語の “April Fool” には「エイプリルフールの噓」という意味もありますが、その他に「エイプリルフールの噓でひっかけられた人」という意味もあります。

また、引っかかった人に向かって「エイプリルフールだよ!」とばらす時に “April fool!” のような使い方もできます。

スポンサーリンク

イギリスをはじめ、ニュージーランドやオーストラリアなどイギリス文化の影響を濃く受けている国では、噓をついて人をだますのは午前中だけ(正午まで)という習慣があるので、正午以降にエイプリルフールの噓でひっかけようとした人は、逆に “April fool!” と呼ばれてしまうかもしれません。ご注意ください。

万が一うっかり引っかかってしまったら…

信じられないような話にうっかり引っかかってしまったら「マジで?」「本当に?」と英語で言うこともあるかもしれませんね。

そんな時に使えるフレーズはこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS