「うるう年」を英語で言えますか?

「何か意見はありますか?」を英語で言うと?
荷物を「預かってもらう」って英語で何て言う?
“of course” の意味と使い方、おさらい!

スポンサーリンク

今日は2月29日ですね。

今年は4年に1回やってくる「特別な1日」がある年です。

そんな「うるう年」って英語でどんなふうに表現するのか知っていますか?知っていると、今日すぐに役立つ表現をお届けします!

「うるう年」って何?

まずは、みなさんご存じの「うるう年」のおさらいを。

「うるう年」とは「閏年」とも書き、Wikpediaによると、

閏がある年のこと。なお、閏年でない年のことは平年と呼ぶ。

と書いてあります。でも、「閏(うるう)」って何でしょうか?普段の日常生活で「今年は閏があるね!」という会話をする人はあまり多くないと思います。

そこで「閏」も調べてみたところ、

スポンサーリンク

閏(うるう、じゅん)とは、暦において一年の日数や月数が普段の年(平年)よりも多いこと、または一日の秒数が普段の日よりも多いことをいう。

と書かれています。

では、ここで「うるう」を和英辞典で調べてみましょう。そこには、

intercalation; embolism

と書かれており「閏(うるう)年」は “a leap year“、”an intercalary year” と書かれています。

「うるう年」を英語で言うと?

辞書にもあるように「うるう年」を英語にするときに、普段もっともよく使われる表現は “a leap year” だと思います。

“leap” とは「跳ぶ」を表す動詞で、オックスフォード新英英辞典には、

・jump or spring a long way, to a great height, or with great force
・move quickly and suddenly

と書かれています。ただのジャンプではなく、遠くに跳んだり、高く跳んだりというニュアンスを持っていて、さらに突然サッと動く、というのが “leap” の持っているイメージです。

でも、1日「増える」のになぜ “leap” なのでしょうか?何が「跳ぶ」のでしょうか?

曜日が “leap” する

“leap year” の由来は諸説あるものの、Wikipediaによると「曜日」が “leap” する、ということなんです。

スポンサーリンク

どういうことかと言うと、うるう年ではない「平年」が続く年では、来年の同じ日付は、曜日が一つ後ろにずれます。例えば、2月28日が日曜日だったとしたら、翌年の2月28日は月曜日になります。

でも、うるう年が来ることによって、それがもう一つピョンと後ろにずれてしまうんです。

実際に、2015年の2月28日は土曜日で、2016年の2月28日は日曜日でした。平年が続けば、2017年の2月28日は月曜日になるはずです。でも、2016年はうるう年なので、2017年の2月28日は火曜日になります。

土曜日→日曜日→火曜日、になっていますよね。

これが “leap” という単語で表す由来のようです(繰り返しになりますが、諸説あるようです)。

Day 60

「うるう年」の他の言い方は?

では、”a leap year” や “an intercalary year” 以外にも言い方はあるのでしょうか?

今日の英語のニュースにはどんなふうに書かれているのか見てみたところ「うるう年」を表す単語は、やはり “a leap year” ばかりでした。

スポンサーリンク

でも、その単語をもし知らなかったとしたら、どうやって表しますか?あなたなら “a leap year” を英語でどうやって表現しますか?

例えば、今日の新聞にこんなシンプルな表現を見つけました。

February 29, the day that only comes around one in every four years

どうですか?簡単な単語ばかりなのに、しっかり意味が伝わりますよね。

時には辞書に頼りすぎないで

英語で会話している時に、言いたいことを表す英単語を知らない、なんていうことは誰しも経験があると思います。

私も「えーっと、これって英語で何て言うんだろう・・・?」ということがしょっちゅうあります。

でも、そんなときにどうやって相手に伝えるか、という工夫こそが大切です。スマホの辞書アプリでサッと調べたら済む話ですが、それではいつまでたっても表現力は身につきません。

自分の知っている単語でどうやって相手に伝えるか、考えてトライしてみましょう!文法が間違っていたって、伝える練習をすることが大事なんだと思います。

スポンサーリンク

■「冬至」「夏至」「秋分」「春分」の英語表現と、誰でも知っている言い方で表現する方法を紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS