“Shall I 〜 ?” は使わない?

“why” を使わない「なんで?」
相手にやわらかく伝える「〜した方がいいよ」
“would” が使えるようになる たった一つのポイント

スポンサーリンク

今日は、誰かに対して「〜しましょうか?」と言いたい時のお話をしてみようと思います。

「(私が)〜しましょうか?」を英語にして下さい、と言われたらどんな単語で文章を始めますか?

学校で習ったのは “Shall I … ?” というパターンじゃなかったでしょうか。

「〜しましょうか?」を使うシチュエーション

まず、どんな時に「〜しましょうか?」と言うかを考えてみましょう。

例えば、行楽地や観光地でカップルや家族連れが写真を撮ろうとしてる時。誰かがカメラのシャッターを押さないといけないので、全員で写ることはできません。

そんな風景を見かけたらこう声をかけませんか?
「写真、撮りましょうか?」

他には、家族や友達が海外旅行から帰ってくる日。重いスーツケースをゴロゴロしながら電車で帰宅するのは大変ですよね。もし自分の予定が空いていれば、こんなふうに言うかもしれません。
「車で空港まで迎えに行こうか?」

「〜してあげるよ」と言うと、一方的なカンジがしてしまうし、時にはちょっと押し付けがましく思われるかもしれません。

自分から何かしてあげましょうと申し出ながらも、相手にもどうですかと意向を伺う場合に「〜しましょうか?」と言いますよね。

スポンサーリンク

“Shall I” を使う場面

英語の授業では「◯◯しましょうか? = Shall I …?」と習ったような記憶があります。

なので、上のように「写真をお撮りしましょうか?」と英語で声をかける時には “Shall I take a photo?” という文章が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

Tel-Aviv, Jan '15

でも残念ながら、上に書いたような場面で “Shall I …?” とネイティブが言っているのをあまり聞いたことはありません。

では、代わりに何て言うのでしょうか?

ネイティブはよくこう言います

“Would you like me to take a photo?”
“Would you like me to press the button?”

というような表現をします。

私もこれを知らなかった時は “Shall I …?” を使っていましたが、ある日、友達と写真を撮ろうとしていた時に近くにいた人にこう言われて以来、注意して聞いていると、”Would you like me to …?” というフレーズを耳にすることがとても多いことに気付きました。

“Do you want me to …?” と聞かれることもありますが、基本は同じ「私に◯◯して欲しい?」です。
日本語に直訳すると、それってちょっとどうなんだろう・・・というような聞き方なのですが、英語ではこれが自然に聞こえるようです。

日本の習慣との違い

ニュージーランドで暮らしていると、日本の習慣と違うなと感じることが色々あります。

もちろん、文化も言葉も違う国なので、それは当たり前のことなのですが、日本で長く暮らしていた私にとっては、ニュージーランドに来てから、上に書いたような “Do you want me to …?” と聞かれるのはかなり衝撃でした。

日本では、買い物をしたら何も言わずに必ず袋に入れてくれたり、雨の日には紙袋にビニールを被せてくれたりします。それも、わざわざお願いしなくても当たり前のようにやってくれます。

が、ニュージーランドでは違います。

買い物をすると “Would you like a bag?” と必ず聞かれますし、何かやってくれる前にも必ず “Do you want me to …?” と聞いてきます。
聞かずに「◯◯しといたよー」なんて気の利いたことをする事は、ほとんどありません。

逆に「◯◯しといたよ」とこちらが気を遣っても「そんなことしなくてよかったのにー」と言われることもあったりして、私もだんだん「事前に聞く」という “Would you like me to …?” を使う習慣がついてきました。

皆さんも海外に行った時などに、家族やカップルで写真を撮ろうとしている人がいたら “Would you like me to take a photo?” と話しかけてみませんか?そこからうまれる会話を楽しむのも旅行の醍醐味かもしれませんね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS