「うまくいく」って英語で何て言う?

こんな時 “he/she” は使わない?
お互いの名前を呼び合う大切さ
自己紹介での意外な落とし穴

スポンサーリンク

「面接どうだった?」「うまくいったよ」
「この計画どう思う?」「うまくいかないんじゃないかな」
「明日、試験なんだ」「うまくいくといいね!」

などなど「うまくいく」というフレーズを使うことって、何気によくありますよね。

これを英語にしたらどうなるでしょうか?
実は、英語では内容によっていろんな表現を使い分けないといけないんです。

物事が「うまくいく」

例えば、冒頭に出てきたように、就職面接を終えた友達に「面接どうだった?」と聞くような場面。

そのまま英語にして “How was the interview?” と尋ねることもできますが、”How did it go?” と聞くことも多いんです。

“go” には「(人が)行く」という意味だけでなく「(物事が)進行する」という意味もあるので “How did it go?” で「どうだった?」となります。

そして、返事の「うまくいったよ」は “It went well” のように “go well” で表して、うまくいかなかった場合もシンプルに “It didn’t go well” で表現できます。

物事・面接・プレゼンなどが「うまく運ぶ、うまくいく」という場合によく使われるのが “go well” です。

プランなどが「うまくいく」

物事が「うまくいく」以外にも、計画や方法・やり方が「うまくいく」という表現がありますよね。

そんな場合は “work” という単語が登場します。この “work” は、

スポンサーリンク

(of a plan or method) have the desired result or effect

という意味で「思っていたような結果や効果が得られる」ということです。

例えば「このビジネスプランどう思う?」と聞かれて「うまくいかないんじゃないかな」と答えるような場合には “I don’t think it will work” などと言えます。

このように、計画・やり方などが「うまくいく、うまく作用する」によく使われるのが “work” です。

「うまくいきますように」

これから何かに挑戦したり、目の前に試験や面接などを控えている人に対して「うまくいきますように」と元気付けることもありますよね。

そんな場合は「うまくいく」の直訳にとらわれずに、皆さんご存じの “Good luck!” が使えます↓

逆に「うまくいくように祈っててね」と言う場合にも “luck” を使って “Wish me luck!” なんかをよく使います。

また「うまくいきますように」という意味で “(I’ll keep my) fingers crossed” と言われることもあるかもしれません。
これは、人差し指に中指を絡めるおまじないのようなもので、誰かに幸運を祈るときのゼスチャーから生まれたフレーズです。

365:114 Finger-crossed lovers.

もしくは「うまくいきますように」と言うのではなく、安心させる意味で「きっと(君なら)大丈夫だよ」なんて声をかけることもあると思います。

その場合は “You’ll be fine” や “It will be fine” と言ってあげてたらいいですね。

“work out” も覚えておきたい

物事が「うまくいく」には “go well” がよく使われると紹介しましたが、実は “work” が使われることもあるんです。

それが “work out” というフレーズです。

例えば、カップルがうまくいかなかった場合には “Things didn’t work out between us” なんていう言い方を聞くことがあります。

なので、物事の場合は絶対に “go” を使うということでもありません。

今回は「うまくいく」の表現をいくつか紹介しましたが、他にもまだあります。
実際に使われている色んな表現にふれてみて、使い方が分かったら自分でもどんどん使ってみて下さいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS