“difficult” を使わずに「難しい」を英語で

“what” を上手に使って表現力アップ!
ネイティブがよく使う “upset” って、なに?
職場で使える!「いる」「いない」を超簡単に表す方法

スポンサーリンク

「難しい」を英語にすると、真っ先に浮かんでくる単語は “difficult” ではないでしょうか。

“hard” なんかもありますが、その他にも「難しい」や「大変な」を表せる、口語でよく使う単語があるんです。

それはカタカナ英語になっているものの、日本語ではちょっと違う意味で使われることも多い言葉です。

さて、一体どんな単語だと思いますか?

日本語では「屈強な」という意味で使われる

今回紹介する単語は冒頭で触れた通り、日本語にもなっています。

そして、それはたいてい肉体的にも精神的にも「屈強な」とか「頑丈な」とかいった意味で使われる、カタカナで表される言葉です。「彼って◯◯だよね」のように使います。

何か分かりましたか?

正解は「タフ」という言葉です。

例えば、友達が早朝からジムに行って、その後一日中忙しく働いて、また仕事の後にジムで汗を流していたりしたら「君ってタフだよね」と言いませんか?

スポンサーリンク

あるいは、精神的にキツい仕事などは「精神的にタフじゃないとこの仕事はできないね」なんて表現したりもします。

日本語でも使う「タフ」ですが、実は英語では「難しい」という意味でもよく使うんです。

英語の “tough” は「屈強な」だけじゃない

  • It’s a tough call.

例えば、英語ではこんなふうに “tough” を使います。

この “call” は「電話」ではなく “decision(決定)” という意味で、2つの選択肢からどちらか1つを選んだりするときによく使われるこの “It’s a tough call” は「難しい決断だね」という意味になります。
言い換えれば “It’s a difficult decision to make” といったカンジですね。

同じような意味で “The task was tough” なんて使い方もしますが「簡単でない=難しい」ということを表します。

また “tough” には日本語の「大変な」というニュアンスもあるんです。

例えば “She’s having a tough time” と言えば「問題や困難があって大変な」ということで、スポーツの試合後のインタビューなどに選手が “It was a tough match/game” などと言うのもよく耳にします。

_FCM2031

「厳しい」という意味もある

そして、英語の “tough” には「難しい」「大変な」に加えて「厳しい」という意味もあります。

例えば、あなたの周りに自分にとっても厳しい人はいませんか?
ミスをしてしまって自分を責めすぎている人がいたら “Don’t be too tough on yourself” と言ってあげましょう。

これは「そんなに自分に厳しくしないで」といったニュアンスになります。
人に対して「厳しい」を表す時は “tough on+人” で表現できます。

また、人が厳しいだけではなく、法律やルールが「厳しい」にも “tough” は使えます。
“The law gets tougher next year” で「来年さらに法律が厳しくなります」といった感じですね。

日本語の「タフ」に惑わされないように

“tough” と言われると、ついつい日本語の「タフ」のイメージが先行しがちです。

でも、今回紹介したような「難しい」「大変な」「骨の折れる」「厳しい」といった意味で口語でとってもよく使われる単語でもあるので、覚えておくと役に立ちますよ。

2つのうちどちらか迷う決断を迫られたら “That’s a tough call”、なんだか大変そうな話を友達から聞いたら “That’s tough” や “That sounds tough” など、まずは使えそうなところから使ってみてくださいね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS