“What are you up to?” ってどんな意味?なんて答える?

直訳できない?英語のいろんな「おめでとう」
“Shall I 〜 ?” は使わない?
簡単便利!たった1つで距離が表せる単語

スポンサーリンク

英会話の勉強を始めると、最初のほうでいろんな挨拶を学びますよね。

“Hello” や “Hi” はもちろん、”How are you?” や “How are you doing?” だったり “How’s it going?” なんていうのもありました。

では、たまたま道で友達に会った時に “What are you up to?” と言われたら何て返しますか?

この “What are you up to?”、学校では教わりませんが、実はネイティブがとってもよく使う表現なんです。

“up to” って何?

辞書で “up to” を調べると「〜まで」という意味が一番最初に出てきます。

“count up to 10” は「10まで数える」ということで、洪水で水が膝の高さまで来た時には “The water came up to my knees” なんていうふうにも表現します。

これらは “up” の上向きなイメージ、また “to” の「〜まで」というイメージがあれば、わりと簡単に理解できますよね。

他にも “up to” を使った “It’s up to you(あなた次第です)” も、よく知られた表現です。

では、挨拶で使われる “What are you up to?” とは、どんな意味だと思いますか?

カジュアルに会話を始める定番のフレーズ

私は、日本にいた時には “What are you up to?” なんて耳にしたことは無かったのですが、ニュージーランドでは1日に1回は耳にします。

スポンサーリンク

道で知り合いに会った時には “How are you?” よりも “What are you up to?” と言われることの方が多いのではないかと思うぐらいです。

そんな “What are you up to?” とは何かというと、カジュアルでフレンドリーな挨拶の定番フレーズなんです。

Cambridge Dictionaries Onlineの定義によると “up to something” で、

to be doing something

という意味になります。なので “What are you up to?” は「何してるの?」ということです。日本語でも道端で友達に偶然会ったら「何してんの?」って聞きますよね。

Hey, what are you up to?

“What are you doing?” は相手が何をしているのかを直接的に尋ねるフレーズですが “What are you up to?” はもっとカジュアルに会話を始める時のフレーズとして使われます。

返し方は “Nothing much” や “Not much” だったり “Just doing some shopping”、”I’m going to work” など、今何をしているのかを短く伝えればOKです。

こんな使い方も

道端で誰かにばったり会って “What are you up to?” と聞かれると「いま何してんの?」ということですが、他のシチュエーションで使われることもあります。

例えば、職場で仲のいい同僚に “What are you up to tonight?” と言われた場合は「今晩何してんの = 今晩の予定は?」というニュアンスになります。

また、久しぶりに会った人に “What are you up to these days?” や “What have you been up to?” と声をかけられたら「最近どうしてるの(どうしてたの)?」といった意味になります。

カジュアルに使えるフレーズ

“What are you up to?” はカジュアルかつフレンドリーで、会話をスタートするにはとっても便利な表現です。

誰かにばったり会った時に「何してんの」という意味で “What are you doing?” を使っている人も多いと思いますが、この “What are you up to?” を使ってみると、もっとナチュラルな感じになりますよ。

また、相手が “What are you up to?” と聞いてきても、シリアスな長い答えを求めているわけではないので、簡単に答えて相手にも “How about you?” と聞き返してあげるといいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS