“but” の代わりに使いたい “though”

“understand” を使わない「分かる」の表現
ネイティブがよく使う「また何かあったら連絡するね」
「悔しい」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

会話の中で「でも」「だけど」というニュアンスを表したい時、どんな単語を使っていますか?

“but” しか思い浮かばない、”but” 以外使ったことがない、という方にこそ読んでいただきたい今日のコラムでは “though” を取りあげたいと思います。

使いこなすのは何だかちょっと難しそうな “though” ですが、実はものすごく簡単で、会話の中でとっても使いやすい単語なんです。

“though”? ”although”?

“though” と言えば、もう一つ似たような単語 “although” も思い出しませんか?

これらの単語は学校でも習いましたが、何だかスペルも似ていて、使い分けもイマイチよく分からなかったような・・・というのが私の記憶です。でも、特に “though” は会話で使われることがとても多いんです。

それに対して “although” はかなりカタい表現でしか使わないので、普段の日常会話ではほとんど登場しません。

なので、今回は “though” の使い方だけに絞ってお話したいと思いますが、今回紹介したいのは《文末で使う “though”》です。文頭ではなく、文末というのがポイントです。

ネイティブが多用する “though”

まずは早速、文末でどんなふうに “though” が使われるのかを見てみましょう。

例えば、海外旅行に行く時に友達が「空港まで車で送って行こうか?」と言ってくれたとします。
でも、誰か他の人が送ってくれるのがすでに決まっていたり、他の交通手段を予約していたりして「ありがとう。でも大丈夫」と返事したいとしましょう。

スポンサーリンク

こんな場合、あなたなら英語で何て言いますか?

“No, thank you” では、せっかくの好意に対してちょっと冷たい感じがします。”Thank you. But I’m fine” と言ってから「家族が送ってくれるから」などと付け加えてもいいですね。

でも、こんな場面で “though” が使えるんです。

“No, I’m good. My brother will give me a lift” などと先に述べておいて “Thank you, though” で締めくくると、相手の申し出を断りながらも「でも、気持ちはありがとう」という丁寧な印象になります。

“No, thank you” とはだいぶ印象が違いますよね。

065/365: Show us your smile!

「〜なんだけどね」を表す “though”

誰かのオファーを断る場合以外でも、文末の “though” は活躍します。

何か先に述べたことに対して「でも〜だけどね」と最後に付け足すような時に、文末の “though” がとってもよく使われるんです。

例えば、雪がたくさん積もった時って、景色はキレイだけど寒いですよね。そんな時にありそうな会話「雪、キレイだね」「ね。寒いけどね」を “though” を使って “It is cold though” なんて簡単に表現できてしまうんです。

“It’s beautiful” “But it’s cold” では “but” が強くて相手の意見を否定してしまうカンジがしますが、”〜 though” を使うと、相手の意見を肯定しつつ「〜だけどね」と少し付け加えるニュアンスになります。

オックスフォード現代英英辞典にも、こんな例文が載っています。

“Our team lost. It was a good game though.”

この場合も “It was a good game but our team lost” だと「負けた」という事実が強調されますが、上の例文では「いい試合だった」の印象が強くなりますよね。

会話の中で上手に使ってみよう

今回紹介した、文末の “though” は口語では本当によく使われます。

文章で書かれているのと違って、口語では「〜だ。〜だけどね」というそのままの流れで話すことも多いので、そんな時には “but” よりも “〜 though” の方がナチュラルに聞こえることも多いです。

「でも、気持ちはありがとう」の “Thank you though” や、ちょっとした余韻を残すような文末の “〜 though”、ぜひマスターして会話に生かしてみて下さい!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS