“I missed you” は「寂しかったよ」だけじゃない

意外と使える単語 “wonder”
“finish” を使わずに「終わらせる」を英語で
「マンション」「一軒家」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

言わずと知れたフレーズ “I miss you”。

恋人や家族など、会いたい人に「会えなくて寂しいよ」と言う時に使うのは、皆さんご存知だと思います。

その “miss” の過去形 “missed” を使った “I missed you”。「寂しいよ」の過去形なので「寂しかったよ」になりますよね。

でも実は、”I missed you” にはそれ以外の意味もあるんです。

“I’m sorry I missed you”

それは、よく “(I’m) sorry” を伴って、こんなふうに使われます。

“I’m sorry I missed you yesterday”

もちろん「ごめんね、会えなくて昨日は寂しかったよ」ではありません。
これは「昨日は会えなくて残念だったよ(ごめんね)」という意味になるんです。

“I’m sorry” をつけなくても、人に会おうとして会えなかった時に “I missed John” などと表現したり、お互いすれ違いで会えなかったりした時には “We missed each other” というふうにも表現します。

では、なぜ “I missed you” が「会えなかった」という意味になるのでしょうか?

スポンサーリンク

“miss” は「〜しそびれる、し損なう」

“miss” が持っているのは「逃す」というイメージ。

オックスフォード現代英英辞典で “miss” を引いてみると、動詞の定義が1-11までありますが、そのうち1-5がオモシロいことになっています。

  1. to fail to hit, catch, reach, etc. something
  2. to fail to hear, see or notice something
  3. to fail to understand something
  4. to fail to be or go somewhere
  5. to fail to do something

すべて “to fail to …” で始まっていますよね。これが「逃す」イメージ、つまり「〜しそびれる、し損なう」という意味になります。

例えば、バスや電車・飛行機などに「乗り損ねる(乗り遅れる)」に “miss” を使うのをご存知の方も多いと思います。”I missed the bus”、”I missed my flight” みたいな感じですね。

Como perder un vuelo / As missing a flight

なので、先ほど登場した “I missed you” も直訳すると「あなたを逃した」ということになります。

私の国語力が低いせいか「会い損なった」「会いそびれた」と言うと、ちょっとピンときませんが、「会う機会を逃した=会えなかった」とイメージすると分かりやすい気がします。

よく使う、”miss” を使った表現

この「逃す」イメージの “miss” は日常生活にとってもよく出てくるので、ちょっとだけ紹介しておきましょう。

  • まずは、使う機会が多そうな「終電を逃した」は、
    “I missed the last train”
  • 自分の降りる駅・バス停で「降り損ねた」時は、
    “I missed my stop”
  • 映画館に着くのが遅れて、映画の最初の方を見逃した時には、
    “I missed the beginning of the movie”
  • 忙しすぎてお昼ごはんを食べそびれた時には、
    “I missed lunch today”
  • 友達からの電話に出損ねて折り返しかけた時には、
    “Sorry I missed your call”
  • 議論をしていて、相手が要点をちゃんと捉えていないと指摘する時には、
    “I think you’re missing the point”
  • 飲み会に遅れて到着。自分が来るまでにあったことを聞く時には、
    “So, what did I miss?”

みたいな感じですね。

道案内の “miss” も覚えておきたい

いかがですか?これで “miss” の「逃す」イメージはつかめましたか?
“miss” は日常会話にいろんな意味で出てくるので、イメージで覚えておくのが大切だと思います。

では、ここで最後にもう1問。

英語で道案内をする時に、めちゃくちゃ分かりやすい建物(目印)なので「行けば、絶対に分かりますよ(すぐに見つかりますよ)」と言いたい時は何て言えばいいでしょうか?

答えは “You can’t miss it”。

「見逃すはずがない」ということですね。これも定番のフレーズなので覚えておくと役に立ちますよ!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS