英語っぽいのに通じない単語たち1

“Would you mind …?” と聞かれたらどうする?
「〜の」に “of” が使えないのってどんな時?
絶対に覚えておきたい!「目」を使ったイディオム

スポンサーリンク

皆さん、海外旅行などで英語の単語だと思って使ってみたら「あれ?通じない・・・」という経験はありませんか?

私は初めてのホームステイ先で、トレーナーを買いたくて思いっきり英語っぽく発音した(つもり)にも関わらず、発音の悪さも手伝って全く通じず、結局は絵を描いて伝えたという経験があります(笑)

このコラムでは、発音が上手にできなかった、とかそういう問題ではなく、英単語だと思って英語っぽく発音しても、そもそも英語ではそう言わないので通じない、という類いのものを紹介していきたいと思っています。

まずは「トレーナー」を英語で言うと?

冒頭にちらっと「トレーナー」の話が出てきたので、まずこれからいってみましょう。

「トレーナー」を英語で言う時によく使われるのが、”sweatshirt” です。

英語の “trainer” とは、”train” に「訓練する、鍛える」という意味があるので、これに “-er(〜する人)” がくっついて「調教する人、調教師」というのが一般的なイメージです。

今考えると、私のホストマザーは「この子はいったい何が欲しいんだ???』となったのもうなずけます(笑)

「ガラス」って英語でなんて言う?

次は「ガラス」です。カタカナだし、響きがいかにも英語っぽくて通じそうですよね。

でも、残念ながら英語では「ガラス」ではなく、”glass(グラス)” が正解です。発音は[/ɡlɑːs/]なので、真ん中の「ラ」を強く読まないといけません。

スポンサーリンク

水などを飲む時に使うガラスの「コップ」も “glass” です。「コップ」では通じません。

英語の “cop” は「お巡りさん」という意味なのはよく知られていますが、これはかなりインフォーマルな言い方なので、ちゃんと言う時には “police officer” と言いましょうね。

orange juice
© nzlife.net

では「窓ガラス」はどうでしょうか?

「窓=window、ガラス=glass」なので、”window glass” と言ってしまいそうですが、「窓ガラス」は “window” なんです。

英語では「窓」も「窓ガラス」も “window”。ちょっと不思議ですよね。

あと、車の「フロントガラス」なんかもいかにも英語っぽいですが、正しくは “windscreen” と言います。イギリス英語では “windshield” とも呼ばれますが、ここでも “glass” は使われないんですね…

「ビニール袋」って英語でなんて言う?

最後は、コンビニやスーパーなどで買い物をした時にもらう、あの袋の英語名です。
海外では袋が有料の場合もよくあるので、ぜひこの単語は覚えておきたいですね。

ビニールも英語だし、バッグも英語だし、これはゼッタイ通じるでしょ!
と、自信満々に “Can I have a vinyl bag?” と言ってみましょう。

…通じません。

「ビニール袋」は英語では “plastic bag” と言います。直訳すると「プラスチックの袋」です。

日本語では「プラスチック」と言うと、プラスチックの食器・プラスチックスプーン・プラスチックの下敷きなど、わりとしっかりした素材を指すことが多いですが、英語ではペラペラのビニール袋にも “plastic” という単語を使います。

ちなみに、発音はプラスティックです。プラスチックでも、プラッチックでもありません。

「英語っぽいのに通じない単語たち」シリーズ化、決定

こんな感じで、英語っぽいのに通じない単語たちを少しずつ紹介していけたら、という思いで始まったこのシリーズ。

次の「通じない単語たちシリーズ2」では、生活に密着した「家の中にある物」を取り上げています↓

■■シリーズを通して読んでみたい方は、こちらからどうぞ!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS