“salary” だけじゃない!「給料」を表す英単語

日付・時間の前置詞。”in、on、at” どれを使う?
「避難する」は英語で?地震の時に知っておきたい表現
「ボーダーのTシャツ」は英語で “border T-shirt”?

スポンサーリンク

「給料」という言葉、英語でどんなふうに表現していますか?

会話の中で「給料が安い(低い)」「彼はいい給料をもらっている」「今日は給料日だ」なんて言うこともあると思います。

時給で働いている人もいると思いますが「時給」って英語でなんて言うのでしょうか?

「給料=サラリー」しか思い浮かばない人は、単語をあと2つ覚えてしまいましょう!

「給料」を表す “salary” と “wage(s)”

「給料」を表す時によく使われる単語に “salary” と “wage(s)” があります。

これらの違いについて、こんなことを聞いたことがないですか?
《”salary” はprofessionalな職業の人がもらう「月払いの給料」で、”wages” は肉体労働の人たちがもらう「日払い・週払いの給料」》だと。

私もニュージーランドでウェイトレスとして働きだしてから “wages” をもらっていたのですが、この使い分けの定義に疑問を持っていました。そして、いろいろと調べた結果、上の使い分け方はちょっと違うことに気付いたんです。

そもそも「professionalな職業って何?」「肉体労働って何?」というのが疑問だったのですが、大事なのはそこではありません。

“salary” の意味とは?

salary” が表す「給料」は、毎月もらう決まった額というイメージです↓

スポンサーリンク

an amount of money that an employee is paid each year
◊ A salary is divided into equal amounts that are paid to a person usually once every two weeks or once every month.
・She was offered a salary of $50,000 a year.
(Merriam-Webster Learner’s Dictionary)

毎週もしくは2週間ごとに支払われる “salary” もありますが、月に1回が多いかと思います。

ここで大事なのは “salary” は働いた時間によって額が増減するものではないということです。

毎月決まった「固定給」をもらっている方は想像してみて欲しいのですが、風邪で1日休んだからといってその分の給料が減らされたりしませんよね。また、お盆休みで勤務日数が少なかったからといって8月の給料が減るわけでもありません。

それが “salary” です。

31/365: Go Doughboy

“wage” の意味とは?

wage” が表す「給料」は “salary” と違って、決まった額ではないイメージです↓

an amount of money that a worker is paid based on the number of hours, days, etc., that are worked
・a wage of $14 an hour = an hourly wage of $14
(Merriam-Webster Learner’s Dictionary)

“wages” は、働いた時間(日数)に基づいた額なので、当然、働いた時間によって額が増減します

「時給」で働いている人は、インフルエンザで1週間仕事を休むと、その分の稼ぎはグンと減ってしまいますよね。逆に、たくさん働いたらその分、額が増えます。それが “wage” です。

「時給」は上にもあるように “hourly wage” や “hourly rate” と表したり、単に “I make ◯ dollars/yen an hour” とも言えますよ。

また、法律で決められた「最低賃金」も “wage” を使って、”minimum wage” というふうに表します。ちなみに、現在のニュージーランドの “minimum wage” は時給で$15.75(約1,260円)です。

“pay” で表す「給料」もある

“salary” や “wage” 以外にも、一般的に「給料」を表す場合には “pay” がとてもよく使われます。

“pay” と言えば「支払う」という動詞の意味がよく知られていますが、名詞もあるんですね。その名詞の “pay” とは、英英辞書ではこんなふうに定義されています↓

money received in exchange for work : money paid to someone for doing work (Merriam-Webster Learner’s Dictionary)

つまり「仕事に対して支払われるお金」という大きな括りの単語で、”salary” も “wages” も、”pay” に含まれます。実際にどんなふうに使うかというと、

  • The pay was good but the hours were too long.
    給料は良かったけど労働時間が長かったんだよね
  • I enjoyed teaching kids but the pay was far too low.
    子ども達に教えるのは楽しかったけど給料があまりにも低かった
  • Your income tax will be automatically deducted from your pay.
    所得税は給料から引かれます
  • Men and women should receive equal pay for equal work.
    同じ仕事に対しては男性も女性も同じ給料であるべきだ
  • My coworkers got a pay rise, but I didn’t.
    同僚は給料が上がったけど、僕は上がらなかった

のような感じですね。

その他にも「給料日」は “payday”、「給料明細」は “payslip”、「手取り」は “take-home pay” のように、色んなところに “pay” は使われます。

給料にまつわる表現

「安い・高い」と言えば “cheap” や “expensive” がパッと思いつくかもしれませんが、”good” を使って “She earns a good salary” のようにも言えます。
でも実は、この “good” は「良い」という意味ではないんです。

給料、値段、税金、物価…それぞれを「安い・高い」で表すと、どんな表現になるのでしょうか?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS