「ちょっと用事ができちゃって…」は英語で何て言う?

ネイティブが会話でよく使う「必ず◯◯してね」
“Thanks”、”Thank you”、”Thank you very much” どう使い分ける?
初対面の人との会話で役立つ!「この辺に住んでるの?」「旅行中ですか?」を英語で

スポンサーリンク

友達と会う約束をしていたのに、他に用事ができてしまって行けなくなった場面を想像してみて下さい。

行けなくなってしまったことを友達に知らせるのに、日本語なら「ごめん。ちょっと用事ができて行けなくった」と言いますよね。

これ、あなたなら英語でどんなふうに表現しますか?

今回は約束・予定をキャンセルする時に役立つ英語のお話です。

約束・予約をキャンセルする

私は以前の職場で働いていたときに、宿泊の予約も取っていました。
そして、予約だけではなく、逆にキャンセルの電話を受けることもありました。

そこで気付いたのは、キャンセルの電話には2パターンあるということです。

1. 細かい理由は言わないで「キャンセルしたい」とだけ言う人
2. 「家族が病気になってしまって」など、細かい理由まで教えてくれる人

スポンサーリンク

「主人が交通事故に遭って入院したので」や「家族に不幸があって」など、こちらが「そこまで教えてくれなくてもいいよ…」と言いたくなるぐらい、細かく理由を言う人がけっこういるんです。

英語では、誘いを断ったりする時には “I can’t go” だけではなく「行けない理由」を言う習慣があります。

なので、宿のキャンセルでもちゃんと理由を言ってくれたのだと思いますが「ちょっと用事ができちゃって…」と、曖昧ににごしながら言いたい場合もありますよね。

それは英語で言うと、どんな文章になるのでしょうか?

「ちょっと用事ができちゃって」を英語で

時と場合によっては詳しく理由を言った方がいい場合もありますが、英語でも「ちょっと用事ができてしまって」と、ぼかして言うことも実は多いんです。そんな時は、

  • Something came up.

このフレーズがとてもよく使われます。この “come up” は、

(of an issue, situation, or problem) occur or present itself, especially unexpectedly(Oxford Dictionary of English)

という意味なので「予期しないで」とわざわざ言わなくても、そのニュアンスが出ます。

そして、何よりも “Something came up.” が便利なのは、これを言うと「なんで?」としつこく聞かれないことです。理由を根掘り葉掘り聞かれたくない場合によく使われます。

スポンサーリンク

日本語でも「ちょっと用事ができて…」と言う人に対しては、よっぽどのことがない限り「それってどんな用事なの?」とは聞きませんよね。

上に出てきたような「家族に不幸があって…」と言いたい場合にも “Something came up” を応用すると、

  • Something personal came up.

とぼかして言うことができます。

Are you listening

「行けなくなった」は英語で何て言う?

ただ「用事ができちゃって…」だけではなく「行けなくなった」の表現も一緒に覚えておきましょう。

約束をしていたのに「行けなくなった」という場合には “can’t make it” というフレーズがよく使われます。

■ネイティブがよく使う “make it”。詳しい意味や使い方はこちらで↓

友達とディナーを食べに行く約束をしていたのに行けなくなった場合には “I’m sorry. I can’t make it tonight” というふうに使って、この前後に理由を言うことが多いです。

スポンサーリンク

では、冒頭に出てきた、友達との約束に行けなくなった時の「ちょっと用事ができちゃったので(今日は)行けなくなってしまった」を英語にしてみましょう。

  • Something came up and I can’t make it (today). I’m really sorry.

でバッチリ伝わります。約束はできればキャンセルしたくないですが、どうしてもの場合には役に立つ便利な表現なので、ぜひ使ってみて下さいね。

“I’m sorry” も忘れずに!

■「行けたら行くね」は、ネイティブはこんなふうに表現します↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS