「行けたら行く」「来れたら来て」って英語でなんて言う?

ネイティブ流、副詞の “over” の使い方
こんなに使える!英語の “pop”
ポリティカル・コレクトネスにまつわる英語表現

スポンサーリンク

友達から遊びや何かの集まりに誘われたり、同僚に飲みに誘われたりすることってありますよね。

以前、日刊英語ライフでは覚えておきたい!誘いを上手に断るには?というコラムで断り方を紹介しましたが、その場で断るのではなく「行けたら行く」という場合もあると思います。

そんな「行けたら行くね」の言い回しと、その逆で自分が誘う時に使える「来れたら来てね」という表現もあわせて紹介します!

「行けたら行く」は英語でどう言う?

予定があったり忙しかったりして「行けるかどうかわからない」という状況で返事をしなくてはいけないシチュエーションを想像してみてください。

「行けたら行く」をそのまま英語にすると、

と言えると思います。(”make it” について詳しくは以下のコラムをご覧ください)

また、返事を先延ばしするには、これも以前に紹介した、

なんかもありますね。

ただ、これらは「行く」とも「行かない」ともハッキリ言わない曖昧な返事になり、行く気がないように受け取られる場合もあります。
そこで、もうちょっと「行けるかわからないけど、どうにか行けるように頑張ってみるね!」という前向きなカンジが出る、ネイティブがよく使う表現を紹介しましょう。

スポンサーリンク

ネイティブがよく使う “try to”

私が実際によく耳にしたり目にしたりする表現に、こんなものがあります。

  • I’ll try to make it.
  • I’ll try my best to make it.
  • I’ll try to be there.

どれも “try (to)” という表現が使われていますよね。
こうなると、”try” の文字どおり「〜しようと試みる、〜するように努力してみる」というニュアンスが加わります。

行けるか分からない状況だけど「行けるように頑張ってみる」ということですね。

Dale

これは私の個人的な意見ですが、こちらの人たちは「tryする」ということに重きをおく傾向があるように思います。そのせいか、こういった場面でも “try” という単語をとてもよく使っているように感じます。

ただ実際のところは、これらの表現も「行けない確率が高い」ということをやんわりにおわす、丁寧な断りになる場合もあります。

「来れたら来てね」は英語で?

では逆に、自分が誘う側になったとして「来れたら来てね」は英語でどんなふうに言うのでしょうか?

  • Do come if you can.

という「来れたらぜひ来てね」を表す言い回しもあるのですが、私はこんな表現をよく目にしたり耳にします。

  • It would be lovely to see you if you can make it.
  • (I) hope you can come/make it.

↑2つ目の文章は、カジュアルな表現なら “I” を省略することが多いです。
また、来て欲しいイベントが明日だったとしたら、

  • Looking forward to seeing you tomorrow if you can make it.

みたいに言うことも多いです。
いずれにしても「来れたら来て」に隠されている「来てくれたら嬉しい」というニュアンスを表現するんですね。

「行けたら行く」は微妙な表現

今回は日本語で使うことも多い「行けたら行くね」「来れたら来てね」を紹介しました。

「行けたら行く」は日本語でも(特に関西では)「行けない」という意味に捉えられることも多いですよね。
なので、本当に行きたい場合には、予定があることを伝えた上で「本当に行きたい」と言ってしまうといいと思います。

「本当に行きたい」の表現は、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね↓

■誘いを上手に断るコツやフレーズはこちらで紹介しています↓

■ちょっと顔を出すだけ、なんていう時のために覚えておきたいフレーズはこちら↓

■誘われた時の返事で “Maybe.” は使わないほうがいいかもしれません↓

■自分が誘う側になった時に役立つ、相手の都合を聞くフレーズはこちらです↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS