“go” だけじゃない!”make it” で表す「行ける」「行けない」

ネイティブがよく使う “pick up” の意味と使い方
“something to drink” と “a drink” の違いは何?
「もったいない」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

「明日、パーティーに行けないんだ」
「来週の飲み会、行けるように頑張ってみるよ」
「昨日は行けなくてごめんね」

これらを英語で言うとしたら、あなたならどんなふうに表現しますか?

日常生活でとってもよく使う「行ける」「行けない」ですが、”go” も “come” も使わずに表すことも多いんです。

「行ける/行けない」を使うシチュエーション

冒頭に出てきたような「行ける」「行けない」といった表現、普段から会話やメールでよく使いますよね。

何かの集まりに誘われたけど都合がつかなくて行けない(行けなかった)ような場合、日本語では「悪いんだけど行けないんだ」や「行けなくてごめんね」などと言います。

例えば、パーティーに誘われていたのに急に行けなくなってしまった場面を想像してみましょう。

そんな時、”I’m sorry. I can’t go” と表現していませんか?
もちろんこれでもいいのですが、実はこんな場合には、

スポンサーリンク

I can’t make it.

というフレーズがよく使われるんです。

ネイティブがよく使う “make it”

今回紹介する “make it” は、

  • can make it:行ける
  • can’t make it:行けない

という形で使われることがとても多いです。難しい単語も使わず、シンプルな表現ですよね。でも、これが普段の会話では本当によく使われるんです。

Merriam-Webster Learner’s Dictionaryで “make it” の定義を見てみると、

to reach a particular place, goal, etc.

つまり「ある特定の場所やゴールに着く」という意味になります。
でも、場所に限って言うと、日本語では「行く」と表現することも多いですよね。

例えば、冒頭に出てきた「明日、パーティーに行けないんだ」は、

  • I can’t make it to the party tomorrow.

となります。

Not a happy camper

スポンサーリンク

また、”can/can’t make it” は「行ける/行けない」だけでなく「来れる/来れない」を表すこともあります。

例えば、パーティーに誘ったけど来れるかどうか分からない人に「来れる?」と聞く場合には、

  • Do you think you can make it?
    来れると思う?

でいいんです。そして、その人が当日来てくれたら、

  • I’m so glad you could make it.

で「あなたが来れてよかった」という気持ちを表すことができます。
また「行けない」と言いたい時には、”sorry” や “unfortunately” をくっつけて、

  • I’m sorry. I can’t make it to the party tomorrow.
  • Unfortunately, I don’t think I can make it to the party tomorrow.

といった感じでとてもよく使われます。

このように、”make it” の本来の意味は「着く、到着する」ですが、場合によっては “can” を伴って「行ける、行けない」「来れる、来れない」を表すことができるんです。

“make it” を使った役立つフレーズ

日常会話でとっても役立つ “make it” ですが、覚えておくと役に立つフレーズをもう少し紹介しましょう。

例えば、何かに誘われて「行けるかどうか分からないんだ」と返事をする場合には、

スポンサーリンク

  • I’m not sure if I can make it.

で表せます。これは本当によく使われるフレーズなので、ぜひ覚えておきたいですね。
また「行けるように頑張ってみるね」と言いたい時には、

  • I’ll try to make it.

なんかも使えます。
そして「もし明日行ける(来れる)んだったら、会えるの楽しみにしてるね」なんていうメールの締めのフレーズとして、

  • Looking forward to seeing you tomorrow if you can make it.

というのもよく目にします。

会話やメールで役に立つ “make it”

友達との約束に行けなくなってしまった場合には “I’m sorry, I won’t be able to make it” だけではなく、行けなくなってしまった理由も伝えるようにしたいですね。

理由を具体的に言わずに曖昧に言いたい場合には、以前に紹介した「ちょっと用事ができちゃって…」もぜひ使ってみてください!

正直に「うっかり忘れてました…」と伝える時にはこちらも参考に!↓

「行けたら行くね」「来れたら来てね」と言う時にネイティブがよく使うフレーズはこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS