イギリス英語の「階」の数え方

“all right” と “alright” の違いは何?どう使う?
“near” と “close”、その違いは?
“Are you sure?” ってどんな意味?どう使う?

スポンサーリンク

私がニュージーランドで生活し始めてから、日本とは違うので慣れなかったことがあります。

それは「階数の数え方」です。

日本とニュージーランドとでは、建物の「1階、2階…」といった階数の数え方が違うんです。

一体どういうことなのか、詳しく見てみましょう!

イギリス英語では1階が1階ではない

ちょっと分かりにくいと思うので、具体的に例を挙げてみます。

普通は建物に入ると「1階」と書いてあって、一つ上がると「2階」ですよね。今さら何を言い出すのかと思わないでくださいね。そんな常識も、イギリス英語ではそうならないんです。

例えば、あなたがマンションに住んでいるとして「私は2階に住んでます」を英語で言うとしたら、どんなふうに表現しますか?

  • I live on the second floor.

で通じそうですよね。
アメリカ英語ではこれでいいのですが、イギリス英語ではこれは「(建物の)3階に住んでいます」になってしまうんです。

スポンサーリンク

イギリス英語の「階」の数え方

イギリス英語での階数の数え方は、こうです↓

  • first floor → 日本で言う「2階」
  • second floor → 日本で言う「3階」
  • third floor → 日本で言う「4階」

というふうに、一つずつ階がずれるんです。
そうすると、日本で言うところの「1階」はイギリス英語で何と言うのか、疑問に思った方もいると思います。

<Havana Coffee Works

イギリス英語で「地上階(1階)」は何て言う?

正解は “the ground floor” です。

地面と同じレベル(=階)ということで、”ground floor” が地面に出る階、つまり日本で言うところの「1階」になります。

つまり、イギリス英語では地上階から上に向かって、

  • ground floor
  • first floor
  • second floor
  • third floor

という数え方になるんですね。
日本でずっと生活していた私は、こちらに来てしばらくの間、この数え方に全く慣れませんでした。

もちろん、エレベーター(イギリス英語では “lift”)のボタンも [G][1][2][3]…という並びになっています。

スポンサーリンク

頭では分かっていても、エレベーターで地上階に降りる時にはついつい無意識で [1] を押してしまいそうになるので、イギリス英語圏の国では気をつけて下さいね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS